FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
 歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ から


基本的な事項の質問をしてみる その1-4
111回国試で出そうなところ~その1-3
から項目別に編集改編


1)bFGFとは何か?

bFGFとは
bFGF(basic fibroblast growth factor) またはFGF2は細胞から分泌される細胞成長因子のひとつで、
細胞を分化、増殖をさせる内因性蛋白。

このbFGFは、組織修復に大きな役割を果たしています。
皮膚潰瘍等の組織欠損部での使用は、肥厚性瘢痕や拘縮の発生を抑制しながら、健常な肉芽組織を促進します。
また、血管新生による血流改善により虚血部位の機能改善にも利用されます。
そして美容医療領域では、顔の深いシワやくぼみの改善に利用されています。
FGFは人間では22種類のリガンド(受容体に結合するもの)が存在し、
細胞表面に存在するFGF受容体と結合すると、
細胞内シグナル伝達システムにより細胞の分化・増殖が誘導されます。

FGF組織再生療法によるくぼみ目やしわの治療は東京/神戸ルネッサンス美容外科
bFGF(線維芽細胞増殖因子)とは  
 から



2)歯周組織再生療法にbFGFを用いる場合の術式を説明しろ。


歯科領域で承認されたbFGF製剤は、一般名トラフェルミン、商品名は、リグロス。

基本的には、従来から行われてきたエムドゲイン使用時に準じた外科治療法を前提。

以下に、リグロスを用いた歯周組織再生療法のイメージを図示。
https://www.kusatsuchuo-dc.jp/blank-4 から


f1fc43_e68c84b5372b4845b5ebe68fa47aa7dd~mv2_d_4032_1560_s_2 


f1fc43_8c7f1b719411463aae46b866765bacc5~mv2_d_3966_1468_s_2



f1fc43_cd48e561bda344c8b0da581eccf90b6b~mv2_d_4025_1505_s_2 

f1fc43_b283777ebf04490688b2a6cc6231b73c~mv2_d_3821_1256_s_2 

関連記事

関連記事(一部広告含む)

2018/01/03 21:37 ペリオ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: