様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
医師国家試験過去問データベース から改編

医師国試では、単純XPと胸部CTにおける空洞病変
通常の抗菌剤に反応しない肺炎の鑑別も含めた問題でした。
これを、歯科国試レベルに変更したものです。



108医A37改題
結核の確定診断に最も有用な検査はどれか。

a 結核菌特異的全血インターフェロンγ遊離測定法〈IGRA〉
b 喀痰抗酸菌PCR法
c 喀痰塗抹検査
d 喀痰嫌気培養
e PET/CT


解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)


解答


正解  b


解説

a IGRAが陽性の場合、過去の感染の可能性もあり、確定診断とならない。

b 正しい
PCR検査陽性で確定とする。

c 喀痰塗抹検査は隔離の判定に使用される。
結核症と非結核性抗酸菌症の鑑別はできない。

d 結核菌は嫌気性菌感染ではない。

e PET/CTは悪性腫瘍を疑った場合に行う。
  感染症でも一部陽性となりうるが、いずれにせよ結核症の確定診断とはならない。

QuantiFERON (QFT), IGRA検査については、
歯科国試のブログ関係記事で出題されるとよくいわれている検査。

抗原特異的インターフェロン-γ遊離検査 (IGRA:Interferon-Gamma release assay) は

BCG菌や非結核性抗酸菌には無い結核菌特異的タンパクを抗原として血液中の免疫系細胞を刺激し、
感染者の抗原特異的なT細胞の免疫反応(IFN-γ産生量もしくは産生細胞の数)を測定する検査で有るため、
検査結果はBCG接種等に影響されません。

過去の結核感染でも陽性となるが、
非結核性抗酸菌症では陽性とならず、肺結核症で頻度が高い所見といえる。

まあ、BCGに比べれば鋭敏とはいえますが、
確定診断となれば、喀痰抗酸菌PCR法には叶わんでしょう。


以下の記事を参照のこと!

非結核性抗酸菌症で頻度が低く、肺結核症で頻度が高い所見


関連記事
2018/01/17 21:55 微生物:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: