様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
歯科でも、よく問われるパターンです。
今回は、口腔外科のカテゴリーに
医師国家試験過去問データベース から引用改編

108I74
48歳の女性。前頸部腫瘤を自覚し来院した。
昨日、鏡を見ていて見つけ、触ってみてしこりがあることに初めて気付き、
心配になって受診したという。その他の症状はない。
身長161cm、体重52kg。
脈拍72/分、整。血圧128/76mmHg。
頸部気管の右側に3cm大の腫瘤があり、嚥下運動とともに上下する。
腫瘤は弾性硬で気管に対して可動制限がある。
右の側頸部に径1.5cmのリンパ節を2個触れる。

まず行うべき検査はどれか。

a 放射性ヨード(123I)シンチグラフィ
b ガリウム(67Ga)シンチグラフィ
c 頸部超音波検査
d 頸部MRI
e 頸部CT



関係問題:

嗄声と喘鳴とを主訴に来院した3歳児:108医H23

1歳8カ月男児。左頸部の腫瘤。





解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)


解答

正解 c

108I74の解説

嚥下運動とともに上下する前頸部腫瘤であり、甲状腺腫瘍を考える。
右の側頸部に径1.5cmのリンパ節を2個触れており、甲状腺癌の可能性を念頭に置き、精査に移るべき。

a・b 
まだ癌と決まったわけではない。シンチは少なからず侵襲をともなうため、現時点で行うべきとはいえない。

c 正しい
無侵襲であり、まず行うべき。腫瘤の形状や部位を確認できる。

d・e 有用ではあるが、cが優先する。



関連記事
2018/01/19 06:10 口腔外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: