様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
認知症screeningの代表格であるHDS-RとMMSE。
似ていて違います。
今回はこの辺についての問題です。
医科でも歯科でも、ここまでは聞いてこないとは思いますが。

問題

認知症の検査法であるHDS-RとMMSEにおける共通する検査項目はどれか。
3つ選べ。

a 時間の見当識
b 場所の見当識
c 自発書字
d 図形模写
e 計算力




解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)


解答

正解 abe

a 時間の見当識  ○
b 場所の見当識  ○
c 自発書字     ×
d 図形模写     ×
e 計算力       ○



HDS-RとMMSEの判定方法の違い

https://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new から引用改編

いずれのテストも30点満点

▶︎ HDS-R
・検査項目:9項目
・検査内容:見当識、即時記憶、計算力、遅延再生(記憶力)、視覚記憶、誤想起・流暢性
・判定方法:20点以下/30点満点が認知症の疑い



▶︎ MMSE
・検査項目:11項目
・検査内容:見当識、即時想起、注意と計算能力、遅延再生(短期記憶)、言語的能力、図形的能力(空間認知)
・判定方法:21点以下/30点満点が認知症の疑い
       22〜26点/30点満点が軽度認知障害(MCI)の疑い


これらを表にすると、以下のようになる。

HDS-RMMSE
年齢の見当識 
日時の見当識時間の見当識
場所の見当識場所の見当識
言葉の記憶力即時想起
計算力計算力
数字の逆唱 
言葉の遅延再生言葉の遅延再生
物品の記憶力物品の呼唱
言葉の流暢性文の復唱
 口頭指示
 言書字指示
 自発書字
 図形模写



MMSEの場合、
検査に図形模写などの動作性のテストを含む ため、ペンを握ったり字が書けることが大前提となります。



HDS-Rは、
口頭での質問事項で検査ができる ので比較的容易にテストをすることができます。


さらに、評価項目の違いを見てみると、

MMSE
「口頭指示」「書字」「図形模写」など、
言語機能や空間認知機能を必要とする項目があります。


これらの認知機能の低下は、
主に脳血管性認知症などに現れやすい項目のため、
MMSEの点数が極端に低い場合は、
脳血管性認知症の疑いがあると考えることができます。


HDS-RとMMSEの質問票はnetなどで各自調べて下さい。

関連記事
2018/01/26 00:02 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: