FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
112回医師国試から
今日は簡単な問題。

112B10
介入研究はどれか。

a 横断研究
b コホート研究
c 症例対照研究
d ケースシリーズ研究
e ランダム化比較試験〈RCT〉



解答:MOREへ


関連記事(一部広告含む)


解答

正解  e

簡単でしたね。


本問題は、108医H7の焼き直しです。

介入研究 108医H7、106医G31

で扱いました。


oemed-2005-March-62-3-205-F1_large.jpg

http://oem.bmj.com/content/62/3/205 から



以下は、
http://glossary.jeaweb.jp/glossary007.html
からの転用であります。


介入研究とは?

分析疫学によって疾病との因果関係の推理がなされた要因(危険因子/予防因子)について、
これを慎重に除去/適用するなどの介入をして集団を一定期間観察し、
疾病の増減を実験的に確かめる研究方法である。

要因に対する介入(予防プログラムや治療法)が、
疾病の予防や予後改善に有効であるか否かを確認する。

分析疫学では研究者は対象者を観察するだけであるが、
介入研究では研究者自身が積極的に介入を行う。

たとえば、高コレステロール血症が冠動脈性心疾患の危険因子であることが明らかになった場合、
血中の総コレステロールを下げるための食事指導(介入)をすることによって、
冠動脈性心疾患の罹患率が低下するかを確認する必要がある。
罹患率が低下した場合、食事指導(介入)が、
冠動脈性心疾患の予防に有効であると考えられる。


「横山徹爾:はじめて学ぶやさしい疫学(日本疫学会監修),
改訂第2版, p71-80, 2010, 南江堂」より許諾を得て抜粋し転載 


だそうです。

関連記事
2018/02/14 22:47 疫学・統計 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: