FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
これも、予備校関係では割れ問となっています。


https://medu4.com/112D43
 から


112D43

47歳の女性。腹部膨満を主訴に来院した。
20歳台からアルコールの多飲歴があり、
1週間前までワイン1本/日を飲んでいた。
3日前から腹部膨満が出現し食事が摂れなくなったため受診した。
意識は清明。身長156cm、体重49kg。
体温36.3℃。脈拍72/分、整。血圧106/60mmHg。
眼瞼結膜に貧血を認めない。眼球結膜に軽度黄染を認める。
頸部から胸部にかけて赤い放射状の皮疹を多数認め、圧迫によって消退する。
腹部は膨満しているが圧痛を認めない。
下肢に浮腫を認める。

血液所見:赤血球325万、Hb 9.4g/dL、Ht 31%、白血球4,000、
血小板7.0万、PT-INR 1.4(基準0.9-1.1)。

血液生化学所見:総蛋白5.9g/dL、アルブミン2.5g/dL、総ビリルビン3.2mg/dL、
直接ビリルビン0.9mg/dL、AST 56U/L、ALT 40U/L、ALP 280U/L(基準115-359)、
γ-GTP 24U/L(基準8-50)、アンモニア185μg/dL(基準18-48)、
尿素窒素35mg/dL、クレアチニン0.7mg/dL、Na 131mEq/L、K 3.6mEq/L、Cl 97mEq/L、
α-フェトプロテイン〈AFP〉3.1ng/mL(基準20以下)。

免疫血清学所見:CRP 1.2mg/dL、HBs抗原陰性、HCV抗体陰性。

来院時の腹部CTを図1に示す。

thumb_112D-43.jpg


経口摂取ができないため輸液を開始した。

初期輸液のNa+濃度(mEq/L)として適切なのはどれか。

a 35
b 77
c 90
d 130
e 154


解答:MOREへ


関連記事(一部広告含む)



解答


***********************************

47歳の女性。腹部膨満を主訴に来院した。
20歳台からアルコールの多飲歴があり、
1週間前までワイン1本/日を飲んでいた。
3日前から腹部膨満が出現し食事が摂れなくなったため受診した。
意識は清明。身長156cm、体重49kg。
体温36.3℃。脈拍72/分、整。血圧106/60mmHg。
眼瞼結膜に貧血を認めない。眼球結膜に軽度黄染を認める。
頸部から胸部にかけて赤い放射状の皮疹を多数認め、圧迫によって消退する。
腹部は膨満しているが圧痛を認めない。
下肢に浮腫を認める。

血液所見:赤血球325万、Hb 9.4g/dL、Ht 31%、白血球4,000、
血小板7.0万、PT-INR 1.4(基準0.9-1.1)。

血液生化学所見:総蛋白5.9g/dL、アルブミン2.5g/dL、総ビリルビン3.2mg/dL、
直接ビリルビン0.9mg/dL、AST 56U/L、ALT 40U/L、ALP 280U/L(基準115-359)、
γ-GTP 24U/L(基準8-50)、アンモニア185μg/dL(基準18-48)、
尿素窒素35mg/dL、クレアチニン0.7mg/dL、Na 131mEq/L、K 3.6mEq/L、Cl 97mEq/L、
α-フェトプロテイン〈AFP〉3.1ng/mL(基準20以下)。

免疫血清学所見:CRP 1.2mg/dL、HBs抗原陰性、HCV抗体陰性

来院時の腹部CTを図1に示す。

thumb_112D-43.jpg


経口摂取ができないため輸液を開始した。

初期輸液のNa+濃度(mEq/L)として適切なのはどれか。

a  35
b  77
c  90
d  130
e  154

*************************************

正解 A「35」



アルコール性肝硬変の急性増悪だが、
coma、羽ばたき振戦はなし。

くも状血管腫は、門脈圧亢進などを考える。
眼球の黄疸、汎血球減少などから肝硬変の診断。

ウイルス性肝炎、肝臓がんは血液検査から否定されている。

腹部CTから腹水+


Child-Pugh分類


肝性脳症なし(1点)、腹水中等量(3点)、Bil 3.2(3点)、
アルブミン2.5g/dL(3点)、PT-INR 1.4 とほぼ正常 100%(1点)
total 11点

と非代償性の範疇。



CP liver 

http://www.kansikkan.jp/disease/13.html から


初期治療として塩分制限と利尿薬投与が考えられるため、
Na濃度が低い輸液がよいと考える。


解説:m3comクイズの解答を改編


関連記事
2018/03/09 06:10 消化管・肝胆膵 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: