FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
先日、歯科国試の発表がありました。

歓喜でいっぱいな方、
涙を飲んだ方、
その前に卒試で振り落とされてしまった方、
思いはそれぞれ異なるでしょう。

また、
大学別合格ランキングも同時に発表され、
今年も東京歯科が1位だった、
私立歯科大は全体的に苦戦?

などと、各大学や予備校ではいろいろい言っていることでしょう。

しかし、
そんなことはどうでもいいいのです。

まずは、
自分がこれからどう対策していくべきか?
この1年をどう過ごすべきか?
ということを本気で考えて、実行していくことこそ
大事でしょう。

さて、小生も足りない頭で111回歯科国試の必修のみ
解いてみました。

そこで、自分なりに分野別頻度を表にしてみました。


続き:MOREへ



関連記事(一部広告含む)


111必修分類表
ABCD削除削除後
 解剖・発生1201242
 組織1001022
 生理0010110
 生化学0111033
 病理0230055
基礎微生物2102055
 免疫0000000
 薬理1012143
 理工0011022
 衛生3114099
 社会歯科1011033
 法医学0000000
 教養・英語1001022
 基礎系10791444036
        
 修復0000000
 歯内3000033
 歯周1001022
 全部床0000000
 部分床0000000
 CrBr インプラント0000000
臨床口腔外科1101033
 矯正0102033
 小児3050484
 放射線1211055
 麻酔・全身管理1131066
 障害者0000000
 内科リハ系0710187
 高齢者0100011
 摂食嚥下0010110
 臨床系101311664034
総計20202020108070


削除前についてみてみる。

基礎系40、臨床系40
バランスはいいようである。

基礎系の出題順位は、

1位:衛生、社会歯科;計12問
2位:病理、微生物;各5問
3位:解剖・発生、薬理;各4問

4位:生化学;3問
5位:組織、教養(英語);各2問
6位:生理;1問


臨床系では、

1位:小児、内科リハ系;各8問
2位:麻酔・全身管理;6問
3位:放射線;5問

4位:歯内、口腔外科、矯正;各3問
5位:歯周;2問
6位:高齢、摂食嚥下;各1問

必修の削除問題全部で10問

A:2問
B:1問
C:7問
D:0問



削除問題の分野別頻度は、

基礎系 4問
臨床系 6問

小児 4問
解剖 2問
生理、薬理、内科、嚥下は各1問

小児歯科の4問が際立っています。
この分野はいくらでも、難しい問題ないし、
奇問が作成出来るということでしょうか?

112回は、このように必修で大量な削除問題が、
出ないように試験委員の方で慎重に
問題作成がされることを望みます。

削除問題については、
私の分かる問題については、
細かく吟味してみたいと思います。


とうことで、
削除された問題を除いて自分の解いたものについて、
再度、採点してみました。

厚生省の発表に沿って作業してみました。

A  13/19 (68%)
B  11/19 (57%)
C  14/18 (77.8%)

D  12/20 (60%)

total  50/76 (65.7%)

削除前が、50/80 62.5% だったので、
3.2%もup したことになります。
(A, B, C の必修のみ削除あったのでピンク色にしました)

それでも、8割には到底届きませんでした。
Cがもう少しで8割、惜しい。

削除問題の影響で、
多くの受験生が救われた可能性はあるように思いますが、
いかがだったでしょうか?

がっつり勉強し尽くしてない私でも65.7%なので、
勉強をしっかりやっている歯科大生や既卒の方は、
楽に8割取れると思います。

他の臨床分野の一般、実地問題があるのでなんとも言えませんが、
必修は基礎ができていれば大丈夫なはずです。

周囲の情報に惑わされることなく、地道に勉強していきましょう。

111回歯科国試解いてみた4:必修扁

 参照


※採点についてのみ、再度行ったので修正版としました。


関連記事
2018/03/21 15:51 歯科国試全般 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: