様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
γ-GTP高値でALP基準値内の肝胆疾患


少し難しいかもしれないが、歯科カテゴリーに
割れ問だったようです。

卒試あたりには出る可能性あり。

https://medu4.com/110I6 から


110I6

血中γ-GTPが高値で、ALPが基準範囲内に留まるのはどれか。


a 胆管癌
b 総胆管結石
c 原発性硬化性胆管炎
d 原発性胆汁性肝硬変
e 非アルコール性脂肪性肝炎




解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)



解答


血中γ-GTPが高値で、ALPが基準範囲内に留まるのはどれか。


a 胆管癌
b 総胆管結石
c 原発性硬化性胆管炎
d 原発性胆汁性肝硬変
e 非アルコール性脂肪性肝炎 (NASH)



解答: e

正答率:55.0%


110I6の解説

γ-GTPもALPも胆道に含まれる。
一方、肝細胞にはALPは含まれない*。
このため、本問は「胆道障害がなく、肝細胞障害があるのはどれか」と読み替えることが可能。

a〜d 疾患名に「胆」とつくことから想像がつくように、γ-GTPもALPも上昇する。

e 正しい。
  非アルコール性脂肪性肝炎は肝細胞障害がメインであるため、
  γ-GTPは上昇してもALPは基準範囲内に留まることが多い。

*実際には肝細胞周囲に毛細胆管が存在するため、
 肝細胞のみの障害でもALPが上昇する患者は存在する。
 また、ALPには複数のアイソザイムがあり、
 非アルコール性脂肪性肝炎患者であっても併存する別病態によってはALP上昇がみられることがある。
 厳密に考え出すとキリがないため、
 本問に限っては「疾患名に『胆』と付かないのはどれか」と読み替えてしまうとよい。


th-n-01812.jpg 

https://medick.biz/category/select/pid/158029

関連記事
2018/03/25 06:30 肝・消化器:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: