FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
オルガネラの役割

今年の歯科国試問題から


0312_Animal_Cell_and_Components.jpg 


http://oerpub.github.io/epubjs-demo-book/content/m46023.xhtml から


111A13
栄養飢餓状態に陥ったとき、
自己のタンパク質分解を行う細胞小器官はどれか。
1つ選らべ。

a 核
b ゴルジ体
c 中心小体
d リボゾーム
e オートファゴゾーム



解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)


 解答

栄養飢餓状態に陥ったとき、
自己のタンパク質分解を行う細胞小器官はどれか。
1つ選らべ。

a 核
b ゴルジ体
c 中心小体
d リボゾーム
e オートファゴゾーム


正解 e


a 核
細胞の遺伝情報の保存と伝達を行い、ほぼすべての細胞に存在する

b ゴルジ体

へん平な袋状の膜構造が重なっており、細胞外へ分泌されるタンパク質の糖鎖修飾や、
リボソームを構成するタンパク質のプロセシングに機能する。

c 中心小体

中心小体は、有糸分裂の際に形成される紡錘体を形成するのに関わっている。
また細胞質分裂を完了させるために重要な役割を担っていると考えられている

d リボゾーム
mRNAの遺伝情報を読み取ってタンパク質へと変換する機構である翻訳が行われる場。

e オートファゴゾーム

必要なときにだけあらわれ、機能を果たすと消える一過性のオルガネラで、真核生物に広くみられる。
主な機能は2つ。
1)細胞内を掃除すること。
2)細胞が飢餓状態に陥った際に、細胞質やオルガネラの一部を分解して、
 生きのびるためのエネルギーやタンパク質を合成することである。

https://www.natureasia.com/ja-jp/jobs/tokushu/detail/287 より


従って、eが正解

消去法からもなんとかなるだろうし、

auto-phagosome:”自己を食べる“
ということで、正解にたどり着けるだろう。

他のオルガネラについても、完璧に!


abcdの説明:Wikipediaから抜粋



organella.jpg
http://www.sibakiyokango.net/entry/2016/03/04/124114 から

関連記事
2018/03/29 22:21 組織:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: