FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
東京デンタルスクール:
定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策無料メールマガジン から
生理学のみを拝借、再編集
http://archives.mag2.com/0001494170/

41kzr3OknTL__SX347_BO1,204,203,200_

https://www.amazon.com/Physiology-Dental-Students-K-Sembulingam/dp/9350250764 から



1) ホルモンと産生器官との組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。(生理学)
a インスリン――――――――――――――膵 臓
b ガストリン――――――――――――――甲状腺
c バソプレシン―――――――――――――下垂体後葉
d カルシトニン―――――――――――――副甲状腺
e アルドステロン――――――――――――副腎髄質


2) 唾液の分泌速度が上昇するほど増加するのはどれか。すべて選べ。(生理学)

a K+
b Cl-
c Na+
d HCO3-
e 唾液pH


3)味覚で正しいのはどれか。すべて選べ。(生理学)

a 濾紙ディスク法を検査に用いる。
b うま味成分はグルタミン酸ナトリウムである。
c 有郭乳頭の味覚は舌咽神経が支配する。
d 伝導路は視床後外側腹側核を通過する。
e 五基本味で閾値が最も低いのは酸味である。


解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)


解答


1) ホルモンと産生器官との組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。(生理学)
a インスリン――――――――――――――膵 臓
b ガストリン――――――――――――――甲状腺
c バソプレシン―――――――――――――下垂体後葉
d カルシトニン―――――――――――――副甲状腺
e アルドステロン――――――――――――副腎髄質


解答:a,c



~ホルモン~

視床下部:副甲状腺・甲状腺・性腺刺激ホルモンの刺激因子、ソマトスタチン(成長ホルモン抑制)

脳下垂体前葉:視床下部からの刺激を受け、副甲状腺・甲状腺・刺激ホルモン・成長ホルモンを放出

脳下垂体後葉:バソプレシン(尿細管での水再吸収促進、血圧上昇)、オキシトシン(射乳など)。

甲状腺:
 傍濾胞細胞カルシトニン(破骨細胞抑制、血清Ca濃度低下)
 濾胞上皮細胞チロキシン・トリヨードサイロ二ン(代謝の亢進)。

上皮小体(副甲状腺):パラソルモン(破骨細胞活性化、血清Ca濃度上昇)。

膵臓:
グルカゴン(α細胞・グリコーゲン分解促進=血糖値上昇)
インスリン(β細胞・グリコーゲン分解抑制、血糖値低下)

副腎髄質:アドレナリン・ノルアドレナリン

副腎皮質:
コルチゾール(抗炎症・ストレスに抵抗)、
アルドステロン(尿細管におけるNa、K、Cl、水の再吸収促進)

腎臓:活性型ビタミンD3(血清Ca濃度上昇)


2) 唾液の分泌速度が上昇するほど増加するのはどれか。すべて選べ。(生理学)

a K+
b Cl-
c Na+
d HCO3-
e 唾液pH


解答:c,d,e

解説:
生理学から、唾液の分泌速度とイオン濃度などの関係に関する出題です。
卒業試験、国家試験で頻出ですので、確実な理解が要求されます。


~唾液分泌速度とイオン濃度などの関係~

唾液分泌速度が上昇すると…(刺激時唾液を想像してください)

増加・上昇するもの:
Na+、Cl-(再吸収の度合いが低下するため)
HCO3-(代謝が高まっているため) 
唾液pH(HCO3-が増加するため) 
         
減少するもの:
K+(唾液中への分泌が低下するため)


3)味覚で正しいのはどれか。すべて選べ。(生理学)

a 濾紙ディスク法を検査に用いる。
b うま味成分はグルタミン酸ナトリウムである。
c 有郭乳頭の味覚は舌咽神経が支配する。
d 伝導路は視床後外側腹側核を通過する。
e 五基本味で閾値が最も低いのは酸味である。


解答:a,b,c

解説:生理学より、味覚についての出題です。

~味覚~

・味細胞の寿命は約10日間

・五基本味 
甘味(ショ糖)・苦味(キニーネ)・塩味(塩化ナトリウム)・酸味・うま味
(閾値が最も低いのは苦味)

・うま味の成分はグルタミン酸ナトリウムである

・味覚の伝導路:鼓索神経→孤束核(延髄)→視床後内側腹側核(VPM)
 (視床後外側腹側核は痛覚の伝導路に含まれます。)

・味覚試験:濾紙ディスク法

解剖学的なこと、組織学的なことも含めてここで押さえておきましょう。

mikaku sinkei 

http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2004_14453/slides/10/index_21.html

味覚:上記スライド集を参照


関連記事
2018/03/31 19:02 生理:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: