FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
東京デンタルスクール:
定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策無料メールマガジン から
生化学のみを拝借、再編集
http://archives.mag2.com/0001494170/

 
51YFL3FqkhL__SX376_BO1,204,203,200_ 

https://www.amazon.com/Textbook-Biochemistry-Nursing-Pharmacy-Students/dp/818448531X



1)エナメル質で正しいのはどれか。1つ選べ。(生化学)

a エナメル質にはコラーゲンが存在する。
b エナメル質の石灰化は一段階で行われる。
c エナメリンは成熟エナメル質には存在しない。
d アメロゲニンはエナメライシン(MMP-20)により分解される。
e ハイドロキシアパタイトの化学式はCa2(PO4)6(OH)10である。


2)細菌のペプチドグリカンを分解するのはどれか。1つ選べ。(生化学)

a ムチン
b シスチジン
c スタテリン
d リゾチーム
e ラクトフェリン


3)軟骨に存在するプロテオグリカンはどれか。1つ選べ。(生化学)

a デコリン
b ルミカン
c アグリカン
d パールカン
e ビグリカン


4)生体内でコレステロールから合成されるのはどれか。2つ選べ。(生化学)

a セロトニン
b ブラジキニン
c アラキドン酸
d アルドステロン
e 活性型ビタミンD3



解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)




解答

 

1)エナメル質で正しいのはどれか。1つ選べ。(生化学)

a
 エナメル質にはコラーゲンが存在する。
b
 エナメル質の石灰化は一段階で行われる。
c
 エナメリンは成熟エナメル質には存在しない。
d
 アメロゲニンはエナメライシン(MMP-20)により分解される。
e
 ハイドロキシアパタイトの化学式はCa2(PO4)6(OH)10である。


解答:d

解説:

 

~エナメル質の生化学~

・エナメル質の石灰化は二段階である
・ハイドロキシアパタイトの化学式:Ca10(PO4)6(OH)2


・エナメルタンパク
アメロゲニン:

幼若エナメルに存在する(MMP-20(エナメライシン)により分解される)  
イミノ酸が多い


エナメリン:

成熟エナメルにも少し含まれている。(分解されないわけではない)
酸性アミノ酸が多い


MMP-20 エナメライシン:アメロゲニンの分解



2)細菌のペプチドグリカンを分解するのはどれか。1つ選べ。(生化学)


a
 ムチン
b
 シスチジン
c
 スタテリン
d
 リゾチーム
e
 ラクトフェリン


解答:
d


解説:

高プロリンタンパク
・ペリクルの主成分であり、ペリクル形成作用がある
・カルシウム結合能が高いので歯石の形成を阻害する
・潤滑作用、細菌凝集作用がある

ムチン
・ネバネバ、血液型活性が高い
・シアル酸を持つ糖タンパクである
・血液型の発現活性は赤血球より高い
・インフルエンザの感染防御性がある

α
アミラーゼ:デンプンをグルコースに分解

スタテリン:高チロシンペプチド、唾液のCa濃度を維持して再石灰化を促進

ガスチン:味覚
パロチン:唾液腺ホルモン、血清カルシウム低下
リゾチーム:細胞壁を加水分解、酵素性の抗菌物質である
ラクトフェリン:鉄を奪うことで抗菌作用を発揮、非酵素性の抗菌作用がある
ヒスタチン:高ヒスチジンペプチドで細菌・真菌の非酵素性抗菌作用
シスタチン:タンパク分解酵素(システインプロテアーゼ)阻害活性を持つ
ペルオキシダーゼ:チオシアンイオン(SCN-)→ヒポチオシアンイオン(OSCN-)を触媒
sIgA
抗ウイルス作用もある
ディフェンシン:粘膜上皮細胞、好中球が産生


3)軟骨に存在するプロテオグリカンはどれか。1つ選べ。(生化学)


a
 デコリン
b
 ルミカン
c
 アグリカン
d
 パールカン
e
 ビグリカン


解答:c


解説:

 

~プロテオグリカン~
・プロテオグリカンは親水性高分子である
・コアタンパクとグリコサミノグリカンより合成される
(グルコサミノグリカンはヘキソサミンとウロン酸、ケタラン硫酸はヘキソサミンとガラクトース)
グリコサミノグリンカン:ヒアルロン酸、コンドロイチン6硫酸、デルマタン硫酸
            ヘパリン、ケタラン硫酸

角膜:ルミカン

骨:デコリン、ビグリカン

軟骨:アグリカン 分子量が大きい

基底膜:パールカン(ヘパラン硫酸を含む)


4)生体内でコレステロールから合成されるのはどれか。2つ選べ。(生化学)

a
 セロトニン
b
 ブラジキニン
c
 アラキドン酸
d
 アルドステロン
e
 活性型ビタミンD3


解答:d,e

解説:

~生体物質とその由来~

・アミノ酸由来:ヒスタミン・セロトニン(アミン類)、メラトニンなど

・ペプチド由来:ブラジキニン、カリクレイン(キニン類)

・リン脂質由来:アラキドン酸、プロスタグランジン、ロイコトリエン、血小板活性化因子

・コレステロール由来:グルココルチコイド・アルドステロンなどのステロイドホルモン、
              活性型ビタミンD3、胆汁酸



Vit D 
 
http://db.cger.nies.go.jp/dataset/uv_vitaminD/ja/glossary.html から引用


関連記事
2018/04/01 06:09 生化:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: