様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
小児薬用量の算定について

pediatric doze 
https://www.youtube.com/watch?v=AQaeAON4GUM から


以前のロムニーでも扱っていました。
公式解答出ていますが、やや疑問。


111B36
小児薬用量の算定で年齢を用いるのはどれか。2つ選べ。

a Ausbergerの式
b Clarkの式
c Crawfordの式
d von Harnackの換算表
e Youngの式



解答:MOREへ



関連記事(一部広告含む)


解答

小児薬用量の算定で年齢を用いるのはどれか。2つ選べ。

a Ausbergerの式
b Clarkの式
c Crawfordの式
d von Harnackの換算表
e Youngの式

正解 ae



**********************************************************


ロムニーでは以下の問題:

 (January 25, 2015 配信)

歯科薬理 問題1(ロムニーから)

で扱いました。


問3 小児薬用量の算定で、年齢を基準にするものはどれか。3つ選べ。

A. Clarkの式
B. Youngの式
C. Hamburgerの式
D. Augsbergerの式
E. Von Harnackの式


正解 bde

*****************************************************************

小児科のお薬の計算方法にはいくつかありますが、ここで少しばかり参考として紹介したいと思います。

一番よく使われるのは一番下の<Von Harnack表>ですが、その他の式も使います。


平均体重(参考)

0ヶ月3ヶ月6ヶ月1歳2歳3歳4歳5歳6歳
101214161820



Young式




Crawford式

 

*体表面積(cm2)=体重(kg)X身長(cm)X71.84


Clark式



Augsberger式



Von Harnack表

未熟児新生児1/2歳1歳3歳7歳半12歳
1/101/81/51/41/31/22/3

http://www.kpg.co.jp/topics/syounika/syounika1.html から


これで、みると

a Ausbergerの式
d von Harnackの換算表
e Youngの式

adeが年齢を用いるので、正解のようですが。

dは式ではないので、正解ではないのか?

うーん、なんでだろう????

関連記事
2018/04/15 14:08 薬理:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: