様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
褥瘡 
pressure sore, bed sore, decubitus
について簡単な問題


https://medu4.com/110I16 から

 b195d087918ca28d7cfc34a912c1ad91--cgi-teaching-tools.jpg
https://www.pinterest.jp/kolby67/pressure-sores/ から



110I16
褥瘡の発生に関与しないのはどれか。

a 低栄養
b 関節拘縮
c 知覚過敏
d 皮膚の乾燥
e 全身麻酔下での手術


解答:MOREへ



関連記事(一部広告含む)


解答

褥瘡の発生に関与しないのはどれか。

a 低栄養
b 関節拘縮
c 知覚過敏
d 皮膚の乾燥
e 全身麻酔下での手術

正解 c


解説

褥瘡の発生には、物理的な持続的圧迫による皮膚・皮下組織の壊死が関与します。
寝たきりADLの高齢者や全身麻酔など、自身で体位変換ができない患者に生じやすいのが特徴です。
また低栄養、貧血、糖尿病は、創傷治癒を妨げるので褥瘡のリスクとなります。
細菌感染や外傷も褥瘡の増悪因子です。

PT74_zu.jpg 
https://ptweb.jp/article/2016/160226000859/ から



<選択肢考察>
a 低栄養は褥瘡のリスクです。
b 関節拘縮があると、寝たきりでは自身での体位変換が難しくなりますので、褥瘡のリスクです。
c 知覚過敏は直接的に褥瘡の発生しやすさに関与しません。
d 皮膚の過度な乾燥や湿潤は創傷治癒を妨げます。
e 全身麻酔下では自身で体位変換ができないので褥瘡発生の原因となります。

th-kg-00048.jpg 

https://medick.biz/category/select/cid/4583/pid/161530 から


解説;日経メディカル 1日1問医師国試から改編



関連記事
2018/05/10 06:00 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: