様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
May‐Giemsa染色標本と転座からの類推診断

https://medu4.com/110I49 から

110I49
41歳の男性。
職場の定期健康診断で白血球増多を指摘されたため来院した。
1年前の健診でも軽度の白血球増多を指摘されていた。
眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。
頸部リンパ節と鎖骨上リンパ節とに腫大を認めない。
心音と呼吸音とに異常を認めない。
腹部は平坦で脾を左季肋下に10cm触知する。下腿に浮腫を認めない。
血液所見:赤血球466万、Hb 14.7g/dL、Ht 44%、網赤血球1.4%、
白血球51,600(骨髄芽球1.5%、骨髄球6%、後骨髄球9.5%、
桿状核好中球19.5%、分葉核好中球45.5%、好酸球3%、
好塩基球7.5%、単球2%、リンパ球6%)、血小板37万。
血液生化学所見:総蛋白6.7g/dL、AST 18IU/L、ALT 15IU/L、
LD 601IU/L(基準176〜353)。CRP 0.2mg/dL。
骨髄血塗抹May‐Giemsa染色標本(A)と骨髄血染色体分析(B)とを別に示す。
この患者で考えられる所見はどれか。

110I-49A.jpg
A

110I-49B.jpg
B

a  尿酸低値
b  高Ca血症
c  ビタミンB12低値
d  エリスロポエチン低値
e  好中球アルカリフォスファターゼスコア低値



解答:MOREへ


関連記事(一部広告含む)



解答

41歳の男性。
職場の定期健康診断で白血球増多を指摘されたため来院した。
1年前の健診でも軽度の白血球増多を指摘されていた。
眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。
頸部リンパ節と鎖骨上リンパ節とに腫大を認めない。
心音と呼吸音とに異常を認めない。
腹部は平坦で脾を左季肋下に10cm触知する。下腿に浮腫を認めない。
血液所見:赤血球466万、Hb 14.7g/dL、Ht 44%、網赤血球1.4%、
白血球51,600(骨髄芽球1.5%、骨髄球6%、後骨髄球9.5%、
桿状核好中球19.5%、分葉核好中球45.5%、好酸球3%、
好塩基球7.5%、単球2%、リンパ球6%)、血小板37万。
血液生化学所見:総蛋白6.7g/dL、AST 18IU/L、ALT 15IU/L、
LD 601IU/L(基準176〜353)。CRP 0.2mg/dL。
骨髄血塗抹May‐Giemsa染色標本(A)と骨髄血染色体分析(B)とを別に示す。
この患者で考えられる所見はどれか。

110I-49A.jpg
A

110I-49B.jpg
B


a  尿酸低値
b  高Ca血症
c  ビタミンB12低値
d  エリスロポエチン低値
e  好中球アルカリフォスファターゼスコア低値



解答: e


110I49の解説

ご丁寧にBにてt(9;22)が提示されており、
慢性骨髄性白血病〈CML〉を思い浮かべることはすぐにできたであろう
(むろん一部の急性リンパ性白血病〈ALL〉でもフィラデルフィア染色体は陽性となるが、
血小板数が基準値であること、
Aより白血病裂孔がないこと、を確認すればALLはすぐに除外できる)。

a・c 細胞が崩壊することにより、尿酸とビタミンB12は高値となる。
b CMLにて血中Caはあまり変動しない。
  強いて言えば、細胞崩壊により血中Pが上昇するため、代償的にCaは低下気味になる。
d 本患者では赤血球466万、Hb 14.7g/dLと基準値内であるため、エリスロポエチン値は変動しない。
e 正しい。
  CMLのほか、発作性夜間ヘモグロビン尿症〈PNH〉といった
  一部疾患で好中球アルカリホスファターゼスコア〈NAPスコア〉が
  低値となることは確実に覚えておくべきである。


補足解説:日経メディカル 1日1問医師国試から

健診で白血球増多を指摘された41歳男性の症例です。
白血球のみの増加であれば、疾患は極めて限られます。
炎症の類の場合、白血球数はせいぜい20,000台がやっとと言ったところですが、
本疾患では5万、10万という値もしばしば見受けられるのが特徴的です。
ATL(成人T細胞白血病)も同様の表現形を呈することがありますが、
ウイルス感染後、数十年を要するので高齢発症になるという点で鑑別できそうです。

健診での血算はフローサイトメトリー法が主体となるので、
精査を進めるに当たっては末梢血の塗抹標本をオーダーすることが第一手となります。

その結果が本文中に示されており、
白血球数が5万超、
白血球分画で、骨髄芽球や骨髄球、後骨髄球などを認めており、
このような所見を「様々な分化度の白血球が末梢血に存在する」
「各成熟段階の顆粒球系細胞が増加している」と表現することがあります。
このような白血球分画を取る疾患としては、慢性骨髄性白血病(CML)と原発性骨髄線維症が鑑別に挙げられます。

血液腫瘍の可能性が考えられるので、骨髄穿刺を行い、
同時に染色体検査(CMLに極めて有効)をオーダーします。画像を見ると、
骨髄も末梢血と同様に「様々な分化度の白血球」が存在し、
かつ過形成(様々な細胞がギッシリ詰まっている)であることも分かるでしょう。

染色体検査では、t(9;22)を認めており、フィラデルフィア染色体の存在が示唆されます。
CMLらしい所見です。

CMLと来れば、上記のような白血球分画の所見をはじめ、
血小板数が正常から増加、
好中球アルカリフォスファターゼ(NAP)スコア低下、
ビタミンB12・尿酸・LDH高値、等の検査所見が一般的です。
ここに登場する検査項目が、本問の解答選択肢となっています。


転座について

濾胞性リンパ腫ではt(14;18)

慢性骨髄性白血病〈CML〉ではt(9;22)〈Philadelphia染色体〉

急性骨髄性白血病〈AML〉(M2)ではt(8;21)

マントル細胞型リンパ腫ではt(11;14)

急性前骨髄球性白血病(M3)ではt(15;17)

Burkittリンパ腫  t(8;14)
関連記事
2018/05/16 06:10 血液・凝固系 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: