FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
Rapid Brain Atrophy?

brain-atrophy-2.jpg
https://b-reddy.org/how-quickly-can-your-brain-atrophy/ から


国試模擬試験問題(テコム)
脳萎縮が最も早く進行するのはどれか。

A Creutzfeldt-Jakob病
B Alzheimer型認知症
C Lewy小体型認知症
D 脳血管性認知症
E Pick病



解答:MOREへ



関連記事(一部広告含む)



解答

脳萎縮が最も早く進行するのはどれか。

A Creutzfeldt-Jakob病
B Alzheimer型認知症
C Lewy小体型認知症
D 脳血管性認知症
E Pick病

正解  A「Creutzfeldt-Jakob病」


ある程度、感で当たるような?


【アプローチ】

Creutzfeldt-Jakob病(CJD)はいったん発症したら
急速な経過で脳の萎縮が進行
 する。

【選択的考察】

A Creutzfeldt-Jakob病(○):
発症から死亡まで1年程度の経過であることが多く、末期には高度の脳萎縮をきたす。
萎縮は週ないし月の単位で激烈に進行する。

B Alzheimer型認知症(×):
脳萎縮は側頭葉内側部と頭頂葉から始まることが多い。年の単位で進行する。

C Lewy小体型認知症(×):
本症は臨床的にはAlzheimer型認知症との鑑別が困難なことも多い。
変性疾患であり、年の単位で脳萎縮が進行する。

D 脳血管性認知症(×):
小梗塞が積み重なって進展する例が最も多い。もちろん、年の単位である。

E Pick病(×):
Pick病では前頭葉、側頭葉に高度の萎縮が生じ、その程度はAlzheimer型認知症より高度である。
高度に萎縮した脳葉はしばしば「ナイフの刃様」と表現される。
しかし変性疾患であり、萎縮には年の単位がかかる。



【essential point】
CJDは異常プリオンによる疾患である。
正常プリオンはニューロンに発現している膜蛋白である。

異常プリオンが正常プリオンと接触することで、
正常型の立体構造を異常型に変換すると考えられている。

異常プリオンが脳に出現する機序としては、
①自発的に正常型が異常型に構造を変える(臨床的には孤発性CJD)、
②異常プリオンの感染(変異型CJD、医原性CJDなど)、
③プリオンが異常型の構造をとりやすいアミノ酸配列である(家族性CJDなど)、
がある。

m3com クイズ から

関連記事
2018/06/12 06:00 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: