FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
久しぶりに眼科からの問題です。
我々が習った時代にはない治療法でしょうか。


111A24

76歳の男性。左眼の視力低下を主訴に来院した。
視力は右0.8(1.2×+1.0 D)、左0.1(0.3×+0.5 D)。
眼圧は右15mmHg、左18mmHg。
眼底写真(A)と光干渉断層計〈OCT〉の結果(B)とを別に示す。
治療法はどれか。

thumb_111A-24A.jpg
A

thumb_111A-24B.jpg
B

a 抗菌薬点眼
b ステロイド薬硝子体内注射
c 抗VEGF 薬硝子体内注射
d 汎網膜光凝固
e 硝子体手術


解答:MOREへ



関連記事(一部広告含む)



解答


76歳の男性。左眼の視力低下を主訴に来院した。
視力は右0.8(1.2×+1.0 D)、左0.1(0.3×+0.5 D)。
眼圧は右15mmHg、左18mmHg。
眼底写真(A)と光干渉断層計〈OCT〉の結果(B)とを別に示す。
治療法はどれか。

thumb_111A-24A.jpg
A

thumb_111A-24B.jpg
B

a 抗菌薬点眼
b ステロイド薬硝子体内注射
c 抗VEGF 薬硝子体内注射
d 汎網膜光凝固
e 硝子体手術



正解 c


解説

76歳の男性が左眼の視力低下を主訴に来院したという症例です。
視力は右0.8、左0.1で左眼の視力低下がありますが、
眼圧は右15mmHg、左18mmHgなので正常範囲です。

急性視力障害を考える際には、

(1)網膜以前
(2)網膜
(3)網膜以降


の場合で原因を推論すると理解がしやすいでしょう。


つまり、

(1)光学的な経路の障害(角膜・硝子体の異常)、
(2)網膜異常、
(3)視神経・視覚路の神経学的異常

の3パターンで捉えると鑑別が挙げやすくなるのです。


頻度的な観点からは、

網膜の血管閉塞(網膜中心動脈閉塞症、網膜中心静脈閉塞症)、
虚血性視神経症(しばしば側頭動脈炎で生じる)、
硝子体出血(糖尿病網膜症)、
外傷

が一般的です。

本症例では、
眼底写真(A)、光干渉断層計(B)の画像が与えられています。

(A)では、
黄斑部に新生血管と出血、滲出性網膜剥離
を認め、

(B)では、
網膜色素上皮の乖離、脈絡膜新生血管を認め、網膜浮腫と網膜剥離
を認めます。

脈絡膜新生血管からの出血、浮腫、網膜剥離を根拠に

加齢黄斑変性の診断

となります。



第一選択は、抗VEGF薬硝子体内注射もしくは光線力学療法となります。

<選択肢考察>

a 抗菌薬点眼は、細菌感染に対して適応があります。
b ステロイド薬の硝子体内注射は、糖尿病黄斑浮腫の治療です。
c 抗VEGF薬は、脈絡膜新生血管の成長を抑える治療であり、加齢黄斑変性に奏功します。
d 汎網膜光凝固は、糖尿病網膜症等での眼虚血が適応となります。
e 硝子体手術は、主に増殖糖尿病網膜症や網膜剥離に対し行われます。


解説:日経メディカル 1日1問医師国試 から改編





関連記事
2018/06/14 22:40 眼科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: