> 間欠的な冷水痛の考え方 (104歯B-4) - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ 
(2015 8/15配信)からの抜粋、改編
解説文もそのまま載せています。

104B-4a.png

104歯B-4

104b-4問題

104B-4a.png
                                      4A

104B-4 b1
        4B 除去前

105B-4 b2
    4B 除去後


解答:MOREへ

スポンサーリンク


解説

104b-4問題

104B-4a.png
                                  4A

104B-4 b1
        4B 除去前

105B-4 b2
    4B 除去後

正解:d

問題文を見てみましょう。

きちんと読み取ることが大事なんですよ!

最近の臨床実地問題は問題文が長いことがありますよね。
しっかり読むようにしてください。

「2週前に齲蝕の治療を受け」

と書かれていますので、他院(たぶん)で治療を受けた後ということが読み取れます。

デンタルX線写真&口腔内写真を見るとインレー形成が行われている
ことが読み取れます。


インレー形成って、普通は象牙質まで削るから、
生活歯で冷水痛が出るのは当たり前のことですw

ここんところは、臨床経験がない受験生にはわかりづらいところだと思います。
象牙質まで削ると冷水痛が出ることが多いんです。
エナメル質を削るのとは全然状況が違います。

歯髄処置を行うのは変です。
そうすると、選択肢bは消えます

そして・・・着色=軟化象牙質とは限りません。
あやふやなら選択しないことをおすすめします。
IPCとか覆髄とか選んではいけません

(注)念のために!→問題文に「歯髄電気診に反応する」と書いてあります。
したがって、問題の素材になっている6番は生活歯だということですね。
一応念のため書いておきました。

あと、大臼歯の咬合面にアイオノマー修復はしません。
よって選択肢eも消えます

よい機会なので・・・術式(手順)の確認&臨床的な知識を補充しましょう!!

①生活歯のインレー形成をする場合には浸潤麻酔後に実施します。
印象採得後に仮封材で仮封します。
仮封材が窩洞にしっかりくっついているときにはしみることは少ない。

②完成したインレー体を試適しようとして、
仮封材を除去すると、冷水痛が出現することがある。
これは日常臨床でしばしば経験する現象です。

③冷水痛が強く、エアーでも強くしみる場合には
浸潤麻酔をしてからインレーの試適→合着操作をすることがある。
クラウンやブリッジの装着時にもありえます。
つまり、浸潤麻酔→試適→合着操作という流れになる場合もあるのです。

【まとめ】
・「冷水痛」→歯髄処置というわけではない。

・生活歯の形成後には冷水痛が出現することがある。

・生活歯の修復物(補綴物)の試適&合着の際には浸潤麻酔をすることもある。


関連記事
2015/09/09 20:36 保存修復 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: