> 感染根管治療 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
感染根管治療 Treatment for infected root canal


歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ 
2013年配信からの記事です。

医家の素人の私にも、よく分かる有用なサイトですね。
これを読みつつ、いくつかのサイトで確認すれば、
歯科国試問題も理解できるようになる気がします。

今回は、歯内治療について、紹介します。
記事はいくつか組み合わせてあり、別の図も入れ再編集してあります。
ですから、オリジナルのブログ記事の記述と多少異なります。

上記サイトの記事は今後、何度か利用することになる予定ですが、
以上のことをお知りおきを。


エンドの術式問題であやしい(既出含む)ところ

①根管充填の術式
②根管拡大の術式
③抜髄の術式
④感染根管治療の術式
⑤残髄への対応方法


教科書やテキストを見てもよくわからないのは、④と⑤だと思います。


<感染根管治療の術式>

【大前提】

歯髄が死んでいる歯(=失活歯)の根管治療はすべて「感染根管治療」と呼びます。
したがって、根管充填されている歯の再根管治療も「感染根管治療」と呼ぶのです。

【術式】

1)補綴物を除去


補綴物が装着されている場合には、補綴物を除去する必要があります。
補綴物の除去は、カーバイドバー(タービン用)で除去します。
メタルコアの除去は慎重に行う必要があります。
perforationのリスクが高いからです。


既に根管充填されている歯の再根管治療は、
ガッタパーチャが根管内に入っているわけですから、
ガッタパーチャの除去から開始します。

*************

感染根管治療をするシチュエーションは、2通りあります。

①以前根管治療をした歯の再治療の場合
②失活歯だが、根管治療された形跡がない場合


日常臨床で、圧倒的に多いのは、①のシチュエーションです。

最近の国試の傾向は、日常臨床に即して出題されますので、
臨床問題で出題されるとすれば、①のシチュエーションでしょう。

①のシチュエーションでは、以前に根管充填されています。



******************

2)根管充填剤(ガッタパーチャ:gutta-percha)除去

そこで、根管充填剤(ガッタパーチャ)を除去する作業が必要になります。

ガッタパーチャを除去する場合には有機溶媒で溶解させて除去します。

大昔はクロロホルムが使われていました。
しかし、発がん性が指摘されたので、
クロロホルムは臨床現場では使われなくなりました。

ガッタパーチャ除去剤を商品名で言いますと、
「ユーカリソフト」とか、「GPソルベント」とかです。

臨床実習で見たことがあるかと思います。

ところが、ガッタパーチャという物質は、
溶解剤だけでは、きれいに除去できないのです・・・(´・ω・`)

再根管治療の嫌なところです。

そこで、ガッタパーチャの除去の際には、物理的な操作も加えて実施します。

具体的には、
・超音波による除去
・ピーソーリーマーによる除去
を試みます。

やればわかるのですが、ガッタパーチャ除去作業は、とても大変です。

再根管治療は時間がかかりますし、治療の成果がわかりづらいので、
歯科医師泣かせといえます。

YouTubeの動画を載せておきます。

ガッターバッチャ除去
https://www.youtube.com/watch?v=eIbJfK7JNPY

**************

3)根管長の測定

ガッタパーチャ除去が終了したら、電気的根管長測定器を用いて根管長を測定します。


根管長測定 
http://www.kureishi.net/blog.html/page/3


(念のため述べておきますが、
電気的根管長測定器で測定できる値がそのまま作業長になるわけではありません。
この部分は国試的に出題しずらい部分ですが・・・)

電気的根管長測定器で測定できる値は、解剖学的根尖孔までの値です。

根管拡大・根管充填をする長さ(=作業長)は自動的に検出されません。
作業長は一般的には「生理学的根尖孔」までの長さ のことです。

「生理学的根尖孔」までの長さは、
電気的根管長測定器で自動的に検出することができません。
「生理学的根尖孔」までの長さ;歯冠よりに1mm近位


そのため、電気的根管長測定器の値を参考にして、
術者(歯科医師)が作業長を決定しなければなりません。

作業長の決定にエラーがあると、オーバーインスツルメントが生じて、
根充後に疼痛が生じることがあります。

根管充填後に痛みが生じた場合には、
補綴処置に移行することができないため、
治療期間も長引きますし、患者さんからの信頼も損なわれます。

エンドが苦手な先生は、
作業長を適切に決定せずに根管治療を実施している傾向があります。

作業長を適切に設定せずに、根管拡大をすると痛みが出るのが当たり前です。

作業長の設定ができないと、
NiーTiファイルなんぞを使ってもエンドがうまくいくはずがありません。

【根管長測定のまとめ】

電気的根管長測定器で測定できる値は「解剖学的根尖孔」までの値である。
根管治療時の作業長は一般的には「生理学的根尖孔」までの長さである。
解剖学的根尖孔≠生理学的根尖孔である。
作業長は、術者(歯科医師)が適切に設定する必要がある。



根管長測定の後、
感染がないことを確認して、再度充填治療に進むことになるわけです。

Filling.jpg
http://www.colgate.com/en/us/oc/oral-health/procedures/root-canals/article/illustrations-root-canal-treatment-from-start-to-finish
海外のサイトはシェーマがきれいで、理解しやすいですね。
歯学部の学生さんも、毛嫌いせずに英語も最低限勉強してください。
最新の海外文献も気軽に読めた方が、有利ですよ。


エンドは歯科治療の基本だそうです。
根尖部破壊など取り返しがつかなくなると大変だそうです。
まずは、解剖で確認を!



スポンサーリンク



関連記事
2015/09/10 17:30 歯内 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: