FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
常識範囲でわかる問題
https://medu4.com/112A17 から


0f1cb05516be4205f897ac073b3dd204.jpg 
https://kango.pw/archives/1342



112A17
62歳の男性。
胸部食道癌の術後に人工呼吸から離脱できず、
アンピシリンの投与を受けていた。
術後3日目の朝、39.1℃の発熱と喀痰増加がみられ、
胸部エックス線写真で右下肺野に新たな浸潤影を認めた。
血液および喀痰培養を行い抗菌薬を変更したが、
術後4日目になっても39℃を超える熱が持続している。
培養検査の結果はまだ判明していない。

この時点の対応として適切でないのはどれか。

a 上体を30度挙上する。
b ドレーン排液の性状を確認する。
c 気管チューブのカフ圧を確認する。
d 抗菌薬を再度変更する。
e 創部の状態を確認する。




解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)


解答

62歳の男性。
胸部食道癌の術後に人工呼吸から離脱できず、
アンピシリンの投与を受けていた。
術後3日目の朝、39.1℃の発熱と喀痰増加がみられ、
胸部エックス線写真で右下肺野に新たな浸潤影を認めた。
血液および喀痰培養を行い抗菌薬を変更したが、
術後4日目になっても39℃を超える熱が持続している。
培養検査の結果はまだ判明していない。

この時点の対応として適切でないのはどれか。

a 上体を30度挙上する。
b ドレーン排液の性状を確認する。
c 気管チューブのカフ圧を確認する。
d 抗菌薬を再度変更する。
e 創部の状態を確認する。

正解  d

112A17の解説

胸部食道癌の術後にみられた肺炎に対し、昨日から抗菌薬変更がされている高齢男性。
高熱が持続しており、培養検査を発注しているが未だ結果が判明していない状況である。

a 上体を30度挙上する。
喀痰が増加しているため、上体をやや起こした状況が本人にとって楽である。

b ドレーン排液の性状を確認する。
e 創部の状態を確認する。
排液の性状や創部の状態は定期的に確認したい。

c 気管チューブのカフ圧を確認する。
気管チューブの先端についている風船状の構造がカフだ。
ここへ空気を注入して膨らませ、送気したガスのリーク防止や誤嚥の防止を図る。
カフ圧は20〜30cmH2Oで維持するのが望ましい。
そのため、定期的にカフ圧が適切か、の確認も行うこととなる。


d 抗菌薬を再度変更する。
誤り。
抗菌薬を変更してたった1日しか経っておらず、
培養の結果も出ていない現時点で再度変更する意義は乏しい。
 
関連記事
2018/07/20 06:00 外科全体 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: