FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1

削除問題だったらしい。
歯科でも出るパターンにて歯科カテゴリーに入れておきます。

111C21
43歳の女性。歩行障害を主訴に来院した。
小児期から走るのが遅く、すり足で歩いていたが、
日常生活に支障はなかった。
40歳ごろから階段を降りるのが難しくなってきたため来院した。
患者の歩行姿勢の図を別に示す。

障害されている部位はどれか。



thumb_111C-21.jpg


a 頭頂葉
b 小脳
c 脊髄側索
d 末梢神経
e 神経筋接合部



解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)



解答

43歳の女性。歩行障害を主訴に来院した。
小児期から走るのが遅く、すり足で歩いていたが、
日常生活に支障はなかった。
40歳ごろから階段を降りるのが難しくなってきたため来院した。
患者の歩行姿勢の図を別に示す。

障害されている部位はどれか。


thumb_111C-21.jpg



a 頭頂葉
b 小脳
c 脊髄側索
d 末梢神経
e 神経筋接合部




正解 c


小児期発症の錐体路障害と、それよる痙性麻痺が疑われるが、イラストが分かりにくく何とも言えない。

a 頭頂葉障害では高次機能障害をみる。

b 小脳障害では小脳性失調をみる。

c 正しい。脊髄側索には錐体路が走行する。

d 末梢神経障害では弛緩性麻痺をみる。

e 神経筋接合部障害としては重症筋無力症〈MG〉やLambert-Eaton症候群が挙げられる。
  日内変動を伴う運動障害が出現し、痙性麻痺とはならない。

※「正解した受験者については採点対象に含め、不正解の受験者については採点対象から除外する。」
  という扱いとなった。


正答率:30.0%


関連記事
2018/07/27 06:05 症候学・内科全般:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: