FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
思いのほか、正答率が低かったらしい。


epistaxis1.jpg
https://lifeinthefastlane.com/epistaxis/


108H18
大量の鼻出血のため搬入された成人患者にまず行うのはどれか。

a 電気凝固
b 鼻根部圧迫
c 顎動脈塞栓術
d 外頸動脈結紮
e アドレナリン含浸ガーゼ挿入



解答:MOREへ


 

関連記事(一部広告含む)



解答

大量の鼻出血のため搬入された成人患者にまず行うのはどれか。

a 電気凝固
b 鼻根部圧迫
c 顎動脈塞栓術
d 外頸動脈結紮
e アドレナリン含浸ガーゼ挿入


解答: e


【選択的考察】

A(×):大量の鼻出血があるときには、出血点が確認できることはまれであるため、
     ピンポイントで行う電気凝固は施行できない。

B(×):出血側の鼻翼部圧迫が基本であり、鼻根部の圧迫は効果がない。

C(×):顎動脈領域からの出血が明らかであれば効果があるが、来院時には出血部位が不明である。
     また、仮に顎動脈領域からの出血であったとしても、優先して行う手術ではない。

D(×):顎動脈塞栓術よりも効果は低い。Cと同様、優先して行う手術とはいえない。

E(○):アドレナリン含浸ガーゼを挿入して圧迫することにより、
     Kiesselbach部位からの出血であれば止血可能であり、
     多少、深部からの出血でも圧迫して詰めれば止血できることがある。

【ポイント】
鼻出血に対する一次救急処置法を問う問題である。
まず、患者に安心感を持たせ、若干、頭部を前屈させて、出血側の鼻翼を圧迫する。
咽頭に流下する血液は、飲み込まずに吐き出させる。
それで止血しない場合は、アドレナリン含浸ガーゼを鼻腔に充填する。 仰臥位にすると血液が咽頭へ流下する。 なお、後頭部をトントン叩く、鼻根部を冷やすなどの方法は効果がなく、迷信である。

学生正答率19.1%

解説:m3com クイズ の解答から

関連記事
2018/08/18 00:00 耳鼻咽喉科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: