> 歯科理工学 国試ポイント2 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
歯科理工学 国試ポイント2



p-33949.gif 
http://www.physioshop.co.uk/clinical-aspects-of-dental-materials.html


 歯科医師国家試験を突破するために! DCロムニーハウスがお手伝い
から”歯科材料学 国試ポイント”からの転用です。


●埋没材の粒径が小さいと

・表面が滑らかになる

・通気性が悪くなる

 

●シリカが多いと

「加熱膨張」(耐火材)「硬化膨張」(結合材)が大きくなる

 

●金合金

Type1:インレー

Type2:インレー、クラウン

Type3:クラウン、ブリッジ

Type4:ブリッジ、金属床、バー、クラスプ

☆この中で、硬化熱処理が可能なのはType3、4金合金」

 

●金パラジウム合金

組成:銀が最も多く、次にパラジウムと続く。

・銀(Ag):40

・パラジウム(Pd):20

・金(Au):10

・銅(Cu):10

 

●金

・融点を上げる

・延性↑

・耐食性↑

 

●銀

・融点を下げる

・合金化:硬くなる

(ただし、銀は硫化しやすい

 

●銅

・融点を下げる

・合金化:硬くなる

(ただし、酸化しやすい:赤色に変色

 

●亜鉛

・融点を下げる

・耐食性↓

 

上記は貴金属

 

次に、卑金属(非貴金属):ポイントのみ

 

●磁性金属

・義歯(磁性アタッチメント)に用いる

・キーパー側に「ステンレス」を用いる

・磁石(義歯側)にコバルト、鉄などを用いる

 

●コバルトクロム

NiCrMoAlなどを含む

Ni;耐食性の悪化

Cr:耐食性の向上、鋳造性の悪化

Mo:硬さの増大

Al:引っ張り強さの向上

☆しばしば、比較されるのが「金合金」

金合金よりも1、5倍の硬さを有するが、比重は半分。重さも半分。

 

●ステンレス

NiCrFeを含む

(鉄が主成分)

 

●チタン

・高温で酸化しやすい⇒アーク炉で鋳造する理由

・埋没材とのぬれは悪い

 

●ニッケルチタン

・矯正用ワイヤー

 

●ニッケルクロム

・矯正用バンド、乳歯冠

 

●チタンモリブデン(βチタン)

・矯正用ワイヤー

 

☆貴金属と比べ、非貴金属は「イオン化傾向」が大きいので、腐食しやすい。

そこで、TiCrによって、不動態膜を形成する。

 

●硬化熱処理が行われる合金

Type3、4金合金

・14K金合金

・金銀パラジウム合金

・白金加金

 

☆軟化熱処理(800度)後に、硬化熱処理する。硬化熱処理には2通りある。

・炉冷法:450度⇒250度になるまで30分間冷却

・係留法:400度で10分係留加熱

 

●セメント

・酸化亜鉛ユージノールセメント

・・・キレート反応で硬化する

・・・レジンの重合阻害作用

 

・リン酸亜鉛セメント

・・・粉と液をませると加熱するため、ガラス練板、金属スパチュラで練る。

・・・酸・塩基反応で硬化する

 

・グラスアイオノマーセメント

・・・硬化時に、カルシウム、アルミニウムイオンを放出

・・・キレート反応酸塩基反応の2つのパターンで硬化する

 

・ポリカルボキシレート

・・・硬化時に、亜鉛、マグネシウムイオンを放出

・・・キレート反応酸塩基反応の2つのパターンで硬化する

 

●エアタービンとマイクロモーター

エアタービン:回転数は40万回転/

      :トルクはさい

      :軽い

 

マイクロモーター:回転数は4万回転/

        :トルクはきい

        :重い

        :回転方向をコントロールできる

        :モーターが熱くなる

 

回転数を見てもわかるとおり、

切削に用いるのは「エアタービン」、

研磨に用いるのは「マイクロモーター」となる。

ちなみに、以前、「歯科材料学 国試ポイント」のところで説明したように、

エアタービンは「FG(フリクショングリップ:凹みなし)」、

マイクロモーターは「CA(コントラアングル:凹みあり)」。

 

 



スポンサーリンク



関連記事
2015/09/12 22:24 歯科理工 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: