> ペリオ ○×問題2 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1

ペリオ ○×問題2

1304020446236i3733q8.jpg 
http://www.printsasia.com/book/mcqs-in-pedodontics-with-explanations-for-pg-dental-entrance-examinations-also-for-bds-mds-professional-8180618048-9788180618048

とりあえず的な歯学部資料まとめ @ ウィキ から

歯周○×100問


51、根分岐部病変に限局した下顎大臼歯のLindheⅢの適応はトライセクションである→×

52、根分岐部病変に限局した下顎大臼歯のLindheⅢの適応はGTR法である→×

53、根分岐部病変に限局した下顎大臼歯のLindheⅢの適応はルートセパレーションである→○

54、根分岐部病変に限局した下顎大臼歯のLindheⅢの適応はトンネリングである→○

55、根分岐部病変に限局した下顎大臼歯のLindheⅢの適応はルートリセクションである→×

56、上顎大臼歯LindheⅢの根分岐部はすべてGTR法である→×

57、トンネリングは根面う蝕をおこしやすい→○

58、ヘミセクションは上顎大臼歯に適応され→×

59、ルートリセクションでは上顎大臼歯が適応される→○

60、ファルカプラスティではエナメル突起を除去する→○

61、ヘミセクション後にアンキローシスが起こる可能性がある→×

62、GTR法後にアンキローシスが起こる可能性がある→×

63、歯槽骨整形術ではOchsenbeinチゼルを使用する→○ オーシャンビン チゼルと読む。

64、歯槽骨整形術ではアンキローシスが起こる可能性がある→×

65、歯槽骨切除術後にアンキローシスを生じる可能性がある→×

66、骨移植後にアンキローシスを生じる可能性がある→○

67、骨縁下う蝕の処置を行うにあたって、前処置として歯肉切除術適応される→×

68、骨縁下う蝕の処置を行うにあたって、前処置として歯肉弁根尖側移動術が適応される→○

69、骨縁下う蝕のために生物学的幅径が不足している支台歯に歯冠補綴を行うための、前処置として歯肉切除術が適応される→×

70、口腔前庭拡張術の目的は、露出根面の被覆である→×

71、遊離歯肉弁移植術の目的は、付着歯肉幅の増加である→○

72、歯肉弁根尖側移動術の目的は、付着歯肉幅の増加である→○

73、歯肉結合組織移動術の目的は、露出根面の被覆である→○

74、歯肉弁両側乳頭移動術の目的は、付着歯肉の獲得である→× 目的は根面被覆。

75、歯肉弁歯冠側移動術の目的は、付着歯肉幅の増加である→× 目的は根面被覆。

76、歯肉弁側方移動術の目的は、露出根面の被覆である→○

77、歯肉退縮では歯肉整形術を適応→×

78、根尖側に付着歯肉幅が少ない症例は歯肉弁歯冠側移動術の適応症である→×

79、歯肉結合組織移植術における移植片の採取は口蓋側歯肉から行う→○

80、遊離歯肉弁移動術において移植片は上皮を含む→○

81、小帯異常には歯肉弁歯冠側移動術を用いる→×

82、小帯切除術には骨膜剥離子を用いる→×

83、小帯切除術の目的は小帯高位付着による障害を解決すること→○

84、頬小帯は小帯切除術の適応にはならない→×

85、メインテナンスとは歯周治療によって行われ歯周組織の健康を長期維持管理すること→○

86、軽度歯周病患者にはメインテナンスは必要ない→×

87、メインテナンスはすべての症例において同じ感覚で行う→×

88、メインテナンスは患者自身による口腔管理と歯科医師によるリコールからなる→×

89、メインテナンスは歯周ポケットの管理を行う→○

90、メインテナンス時にはO’LearyのPCRを検査する→○

91、メインテナンス時にはプロービング深さを測定する→○

92、メインテナンス時には歯の動揺度を測定する→○

93、3カ月ごとのメインテナンスでは毎回エックス線写真を撮影する→○

94、メインテナンスは開始後1年で終了する→×

95、メインテナンス時にBOP(+)であっても、歯周ポケットが3mm以内の部位は良好と判断する→×

96、メインテナンスでは改めて動機付けが必要となる→○

97、PMTCでは歯肉縁上のプラーク除去を目的とする→○

98、PMTCではプラークの染め出しは必要としない→×

99、PMTCには特別な訓練は必要ない→×

100、PMTCのみの実施によって5mm以上の深い歯周ポケットの長期管理が可能である→×





関連記事

スポンサーリンク

2015/09/12 23:15 ペリオ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: