FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
AIFDS関係の問題。
正答率は高かったようです。

https://medu4.com/112B27 から

jthdrt.jpg 
https://ja.soropositivo.org/2017/11/13/o-que-e-hiv/


112B27
28歳の女性。1年前から口唇ヘルペスで3回の治療を受けた。
歩行時の息苦しさを主訴に受診し、ニューモシスチス肺炎と診断された。
ニューモシスチス肺炎の治療と同時に基礎疾患が検索され、HIV感染症と診断された。
性交渉のパートナーは男性のみで特定の3人である。
喫煙は22歳から10本/日。飲酒はビール350mL/日。
血液所見:赤血球468万、Hb 14.7g/dL、白血球7,600
(好中球60 %、好酸球3%、好塩基球1%、単球8%、リンパ球28%)、
CD4陽性細胞数180/mm3(基準800〜1,200)、血小板15万。
血液生化学所見:総ビリルビン0.7mg/dL、AST 68U/L、ALT 128U/L、
LD 305U/L(基準176〜353)、尿素窒素15mg/dL、クレアチニン 1.0mg/dL。
免疫血清学所見:HBs抗原陽性、HBs抗体陰性、HBV-DNA陽性、HCV抗体陰性。

この患者の抗HIV治療薬の選択において最も重要なのはどれか。

a 飲酒歴
b 喫煙歴
c B型肝炎の合併
d 口唇へルベスの既往
e 性交渉のパートナーの人数



解答:MOREへ



関連記事(一部広告含む)




解答


正解 c


112B27の解説

免疫低下により口唇ヘルペスやニューモシスチス肺炎を呈している若い女性。
HIV感染症と診断されている。

CD4陽性細胞数が200を割っていることと合わせ、AIDSと診断可能。

免疫血清学所見において、HBs抗原とHBV-DNAが陽性であることに注目しよう。
抗HIV薬服用により患者自身の免疫応答が回復することで、HBVに対する免疫応答も回復する。
これによりB型肝炎が惹起される恐れがある(免疫再構築症候群〈IRS〉)。

a〜e 以上より、cが正しい。

※B型慢性活動性肝炎の本体はHBVに対する免疫応答であることに注意せよ。
一部の抗HIV薬は抗HBV作用も持つため、
単純に考えると「B型肝炎患者にも有利なのではないか」と思ってしまう。
が、HBVウイルスが減り、かつ自身の免疫応答が回復したタイミングこそ、肝炎は惹起されやすいのだ。


正答率:97.8%

関連記事
2018/09/05 06:00 感染症・微生物学 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: