FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
今回は眼科の問題

https://medu4.com/106D58から


106D58
67歳の男性。頭痛と右下眼瞼の痛みとを主訴に来院した。
3か月前から右眼に流涙があり、
3日前から右下眼瞼に痛みを伴うようになった。
2日前から頭痛があり、次第に増悪してきたため受診した。
体温38.5℃。脈拍76/分、整。血圧118/76mmHg。
右下眼瞼の腫脹を認める。項部硬直を認める。
血液所見:赤血球420万、Hb 13.0g/dL、Ht 37%、
白血球21,000(桿状核好中球20%、分葉核好中球60%、
好酸球1%、単球2%、リンパ球17%)、血小板21万。
CRP 18mg/dL。
右下眼瞼の写真を別に示す。

thumb_106D-58.jpg

直ちに行うべき治療として適切なのはどれか。2つ選べ。

a 切開排膿
b 結膜嚢の洗浄
c 下眼瞼の睫毛抜去
d 抗菌薬の点滴静注
e アシクロビル眼軟膏の塗布



解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)


解答

正解 a,d


106D58の解説

3か月前から流涙があったとのことなので元々慢性的な鼻涙管閉塞があったと考えられる。
そこに感染が生じたことで急性涙嚢炎へと発展したのだろう。
涙嚢部に一致した発赤・腫脹及び排膿が特徴である。
さらに本症例では項部硬直も認め、髄膜炎の合併も疑われる。

a 切開排膿
  正しい。部位がどこであれ、膿瘍があるときの基本は切開排膿である。

b 結膜嚢の洗浄
 結膜嚢とは、眼球結膜と眼瞼結膜でできたスペースのことである。
  涙嚢炎とは部位が違うので意味がない。
  抗菌薬による涙道洗浄ならば正解。

c 下眼瞼の睫毛抜去
  b同様、部位が異なるため意味がない。
  むしろ抜去することで麦粒腫(いわゆるものもらい)を引き起こす可能性すらある。

d 抗菌薬の点滴静注
  正しい
  発熱があり髄膜炎まで波及しており、全身症状があると考えられるので抗菌薬の全身投与が有効である。

e アシクロビル眼軟膏の塗布
  アシクロビルはヘルペスウイルス感染症に対して用いる。
  涙嚢炎は主に細菌感染症である。

関連記事
2018/09/06 06:00 眼科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: