> 歯内療法 特集1 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
歯内療法 特集です。

医者の私には、歯科学は難しい。

endotology

以前と同様に、
闘う!歯科国試 http://shikakokushi.com/ 
からの引用です。

写真は、
厚生省HP
http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/04/dl/tp_siken_103_sikai_06.pdf 
からの引用。



1)105A-112 歯内療法学
高齢者の歯内療法に際して、エックス線写真にみられる加齢変化で
留意すべきなのはどれか。2つ選べ。

a 髄管数の増加
b 歯髄腔の狭窄
c 歯根膜腔の拡大
d セメント質の肥厚
e 歯根彎曲度の減少




2)103A-123 歯内療法学
電気診で歯髄の生死が判別できる理由はどれか。 2つ選べ。

a 電気抵抗値は象牙質よりも歯髄の方が高い。
b 疼痛閾値は歯髄の神経の方が歯肉の神経よりも高い。
c 疼痛閾値は歯髄の神経の方が歯根膜の神経よりも低い。
d 疼痛閾値は歯髄の神経の方が歯槽骨の神経よりも高い。
e 歯髄の神経の失活は歯髄組織全体の失活の末期に生じる。




3)103C-110 歯内療法学
水酸化カルシウムが使用されるのはどれか。 すべて選べ。

a 歯髄鎮痛消炎療法
b 間接覆髄法
c 直接覆髄法
d 生活断髄法
e アペキシフィケーション法



4)103A-101 歯内療法学
感染根管治療で機械的拡大が重要視される理由はどれか。
すべて選べ。

a 根管を無菌化できる。
b 薬剤の到達性が高まる。
c 消毒よりも簡便である。
d 根管形態を改善できる。
e 細菌の栄養源が除去できる。



5)105C-100 歯内療法学
根管拡大中に形成したレッジの修正で効果的なのはどれか。
2つ選べ。

a EDTA液の使用
b 根管口部のフレア形成
c リーミングによる再根管形成
d ニッケルチタンファイルの使用
e ファイルへのプレカーブの付与



6)91A-42 歯内療法学
歯髄の生死を判断するのに有効なのはどれか。
1つ選べ。

a インピーダンス測定検査
b 動揺度検査
c 打診音
d 歯の色調
e 電気診



7)105C-77 歯内療法学
加圧根管充塡にガッタパーチャポイントを用いる理由はどれか。
2つ選べ。

a 親水性である。
b 可塑性である。
c 消毒作用がある。
d 根管壁に接着する。
e 化学的に安定している。



8)103B-45 歯内療法学
45歳の男性。下顎左側第一大臼歯の咬合痛を主訴として来院した。
ラバーダム 装着時の口腔内写真(別冊No.43)を別に示す。
この状態で起こるのはどれか。 2つ選べ。

103B-45

a 歯冠破折
b 器具の嚥下
c 薬液の漏出
d 隣接歯の損傷
e 施術野の汚染



9)105A-39 歯内療法学
感染根管治療後の痛を防ぐための対応として適切なのはどれか。
2つ選べ。

a 根管洗浄を頻繁に行う。
b 仮封後に咬合を確認する。
c 根管を直線的に形成する。
d ホルマリン系根管消毒剤を用いる。
e 根尖孔を 通してから根管拡大を行う。



10) 103C-70 歯内療法学
抜髄の適応症はどれか。 すべて選べ。

a 内部吸収
b 上行性歯髄炎
c 慢性潰瘍性歯髄炎
d 急性全部性単純性歯髄炎
e 急性全部性化膿性歯髄炎



11) 105C-65 歯内療法学
高齢者の窩洞形成時に注意すべきなのはどれか。
1つ選べ。

a 髄室角の残存
b 歯髄腔の狭窄
c 脆弱な象牙質
d 痛覚閾値の低下
e 歯髄の退行性変化



12) 103C-64 歯内療法学
高齢者の歯で特徴的なのはどれか。 2つ選べ。

a 内部吸収
b 髄室の狭窄
c 歯髄の息肉
d 歯髄の石灰化
e 歯根の外部吸収



13) 105C-60 歯内療法学
ファイバーポストを応用した直接法レジン築造が
鋳造体による築造よりも優れているのはどれか。2つ選べ。

a 強度が高い。
b 歯質の削除量が少ない。
c 弾性係数が象 質に近い。
d 1回のチェアタイムが短い。
e 欠損が歯肉縁下に達していても応用できる。




14) 104C-48 歯内療法学
高齢者の大臼歯を抜髄する際に留意すべきなのはどれか。
2つ選べ。

a 髄管の増加
b 根管の狭窄
c 根管彎曲度の減少
d 天蓋と髄床底の接近
e 生理学的根尖孔の変位




15) 95A-89 改 歯内療法学
歯髄の生死を鑑別するのはどれか。2つ選べ。

a 打診
b インピーダンス測定検査
c 温度診
d 電気診
e 麻酔診



16) 103B-6 歯内療法学
73歳の女性。上顎左側側切歯部歯肉の異常を主訴として来院した。
10年前に速結前装冠を装着したが、1週間前から圧痛があるという。
左上2 のプローピングデブスは、唇側の遠心隅角部で9mm、
その他はすべて2mmである。口腔内写真(別冊No6A)、
エックス線写真(別冊No.6B)
及び唇側の遠心隅角部の写真(別冊No.6C)を別に示す。
適切な治療方針はどれか。1つ選べ。

103b-6 


a 抜歯
b 根尖搔爬術
c 根尖切除術
d 感染根管治療
e 歯肉剥離搔爬術



17) 99B-36 歯内療法学
歯の再植で重要なのはどれか。1つ選べ。

a 根面の薬液消毒
b 歯根膜の除去
c 歯槽窩の掻爬
d 強固な固定
e 迅速な処置



18) 103B-4 歯内療法学
43歳の女性。上顎左側大臼歯部の頬側歯肉の腫脹を主訴として来院した。
1週前に同部の歯肉の腫脹に気付き、歯肉を押すと違和感があるという。
自発痛を認めない。
左下6 に打診痛を認めず、動揺度は1度である。
歯周ポケットの深さは、頬側遠心5mm、口蓋側遠心5mm、
その他の部位は3mmである。
初診時の口腔内写真(別冊No.4A)と瘻孔からガッタパーチャポイント
を挿入したエックス線写真(別冊No.4B)とを別に示す。

103B-4


まず行うのはどれか。1つ選べ。

a 抜歯
b 根尖切除術
c フラップ手術
d 感染根管治療
e 歯周ポケット搔爬術



19) 100A-87 歯内療法学
診察法で正しいのはどれか。1つ選べ。

a 温度診で露髄の有無を判定する。
b 透照診で齲触の範囲を判定する。
c 打診で歯髄の生死を判定する。
d 電気診で歯冠部の亀裂の有無を判定する。
e エックス線検査で根尖病巣の有無を判定する。



20) 100B-29 歯内療法学
逆根幹充填法用の封鎖材はどれか。1つ選べ。

a 金 箔
b EBAセメント
c 水硬性仮封材
d リン酸亜鉛セメント
e ガッタパーチャポイント


21) 103A-30 歯内治療学
一過性の冷水痛がある歯で最も生じやすいのはどれか。1つ選べ。

a 酸味痛
b 温熱痛
c 自発痛
d 咬合痛
e 打診通




22) 101A-111 歯内療法学

加齢による歯の変化はどれか。1つ選べ。

a 髄角の伸展
b 知覚の亢進
c 象牙細管の狭窄
d 歯髄血流量の増加
e 無小柱エナメル質の肥厚



23) 96A-18 歯内療法学
歯髄の生死を審査する方法はどれか。1つ選べ。

a 麻酔診
b 動揺度検査
c 打 診
d インピーダンス測定検査
e 電気診




24) 105C-13 歯内療法学
齲蝕による急性化膿性歯髄炎と診断し、抜髄を行うこととした。
最初に行うのはどれか。1つ選べ。

a 天蓋の除去
b 髄角部の除去
c 窩洞外形の修正
d 歯髄腔への穿孔
e 感染象 質の除去



25) 106C-106 歯内療法学

歯内治療で実体顕微鏡による確認が有効なのはどれか。 2つ選べ。

a 細菌の侵入度
b 穿孔部の位置
c 歯根破折の有無
d 破折ファイルの長さ
e フェネストレーションの有無




26) 104C-7 歯内療法学
加齢に伴う石灰化の亢進によって形成されるのはどれか。1つ選べ。

a 外套象牙質
b 原生象牙質
c 第三象牙質
d 球間象牙質
e 透明象牙質




27) 104A-64 歯内療法学
健常歯を対照とする必要があるのはどれか。2つ選べ。

a 打 診
b 麻酔診
c 動揺度検査
d 歯髄電気診
e インピーダンス測定検査




28) 93B-28 改 歯内療法学
歯のインピーダンス測定検査が有効なのはどれか。全て選べ。

a 根管の長さ
b 露髄の有無
c 髄床底穿孔の有無
d 齲触の深さ
e 歯髄の生死



29) 105C-3 歯内療法学
歯髄炎の初期にみられるのはどれか。 1つ選べ。

a 咬合痛
b 冷水痛
c 温水痛
d 打診痛
e 自発痛



30) 101B-40 歯内療法学
電気抵抗値の測定によって診断できるのはどれか。2つ選べ。

a 歯髄壊死
b 象牙質粒
c 偶発的露髄
d 根管壁穿孔
e 歯根外部吸収








解答はこちら;MOREで確認を!

スポンサーリンク


解答

1) 105A-112 歯内療法学
解答 b d

2) 103A-123 歯内療法学

解答 c e

解説
歯髄の生死を判定できる診査
• 電気診
• 温度診
• 切削診

3) 103C-110 歯内療法学

解答 b c d e


4) 103A-101 歯内療法学

解答 b d e


5) 105C-100 歯内療法学

解答 b e


6) 91A-42 歯内療法学

解答 e

解説
歯髄の生死の判定
• 電気診
• 温度診
• 切削診


7) 105C-77 歯内療法学

解答 b e


8) 103B-45 歯内療法学

解答 c e


9) 105A-39 歯内療法学

解答 a b


10) 103C-70 歯内療法学

解答 a b c d e


11) 105C-65 歯内療法学

解答 削除


12) 103C-64 歯内療法学

解答 b d


13) 105C-60 歯内療法学

解答 bc


14) 104C-48 歯内療法学

解答 b d


15) 95A-89 改 歯内療法学

解答 c d


16) 103B-6 歯内療法学

解答 a


17) 99B-36 歯内療法学

解答 e


18) 103B-4 歯内療法学

解答 d


19) 100A-87 歯内療法学

解答 e

解説
b 透照診は隣接面齲触の有無を判定する。
c 打診で根尖病巣の有無を判定する。
歯髄の生死を判定
• 電気診
• 切削診
• 温度診


20) 100B-29 歯内療法学

解答 b


21) 103A-30 歯内治療学

解答 a


22) 101A-111 歯内療法学

解答 c


23) 96A-18 歯内療法学

解答 e


24) 105C-13 歯内療法学

解答 e


25) 106C-106 歯内療法学

解答 b c


26) 104C-7 歯内療法学

解答 e


27) 104A-64 歯内療法学

解答 a d


28) 93B-28 改 歯内療法学

解答 a b c d


29)105C-3 歯内療法学

解答 b


30) 101B-40 歯内療法学
解答 c d
関連記事
2015/04/24 00:10 歯内 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: