FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
最近は出てない先天の整形疾患。
しかし、頻出分野

Medu4から


105A40
4か月の男児。
健康診査で左股関節の開排制限を指摘され来院した。
初診時の下肢の写真を別に示す。


thumb_105A-40.jpg

対応として適切でないのはどれか。

a 家族歴と成長歴とを聴取する。
b 超音波検査を行う。
c 徒手整復後にギプス固定を行う。
d リーメンビューゲル装具による治療を行う。
e 将来、変形性関節症になる可能性を両親に説明する。


解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)



解答

4か月の男児。
健康診査で左股関節の開排制限を指摘され来院した。
初診時の下肢の写真を別に示す。

thumb_105A-40.jpg

対応として適切でない のはどれか。


a 家族歴と成長歴とを聴取する。
b 超音波検査を行う。
c 徒手整復後にギプス固定を行う。
d リーメンビューゲル装具による治療を行う。
e 将来、変形性関節症になる可能性を両親に説明する。 


正解  c

105A40の解説

写真では、右に比べて左股関節に皮膚溝が多く開排制限があると考えられる。
発育性股関節形成不全〈先天性股関節脱臼〉であり、適切な治療を行う必要がある。

CDH congenital dislocation of hip
LCC luxatio coxa congenita

各種の徒手検査:

Ortorani click test
Barlow test
などの把握、理解を!

a 抱き方など適切な育児ができていないときたしやすい。

b 脱臼をエコーで描出することができる。

c 誤り。
  dで示される装具を用いる。

d 無理のない範囲での徒手整復を行い、Riemenbugel (RB) 装具を装着する。
  新生児〜3か月くらいまでは抱き方や寝かせ方などの指導が有効であり、
  1歳以上ではoverheal牽引が必要である。
  年齢によって治療法が少々異なるため注意。

ddh_01.jpg
RB装具 http://kcmc.jp/SeikeiHP/case/05.html から


  #RB装具が開発される前は、
    Rolenzの第一肢位でギプス固定を行った時期があったが、
    骨頭壊死などの合併症も起こし、
    現在は行われない。

e 成長後、変形性関節症をきたしやすいことが知られる。

http://kcmc.jp/SeikeiHP/case/05.html 参照


整形の3大先天疾患

1)先天性股(こ)関節脱臼(先天股脱)
2)内反足
3)筋性斜頸


以上の疾患は概略を押さえておくこと!!


関連記事
2018/09/09 10:36 整形外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: