FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
今回は、妊婦に時々生じる病態に関する問題。

pregnancy.jpg 
http://www.pregnancyihub.com/low-blood-pressure-during-pregnancy/

出典は、
First Aid: Q&A for the USMLE Step 1 (3rd Edition)
Chapter 8 CVS No. 16 から


問題

A 25-year-old pregnant woman goes to her gynecologist for her 36-week check-up.
She complains of light-headaches when she lies down in bed at night.
In the office her blood pressure is 120/70 mm Hg while sitting upright,
and 90/50 mm Hg while lying supine.
Which of the following is the most likely cause of this hypotension?


25歳、女性妊婦。9か月健診にて担当の産科を訪れた。
夜間臥床中に軽度の頭痛を訴えている。
座位での血圧 120/70 mmHg、仰臥位での血圧は90/50である。
以下の選択肢のうち、この低血圧の原因として最も考えられるものはどれか?

A) Anemia
B) Cardiogenic shock
C) Inferior vena cava compression
D) Third spacing of fluid
E) Vasodilatation

解答;MOREへ

関連記事(一部広告含む)


妊婦後半に生じるこの病態は、
以前のブログ記事:

全身兆候の把握:貧血ほか


でも扱った104歯A-25 仰臥位低血圧症候群 supine hypotension syndrome であることは、
病歴からすぐ分かると思います。

したがって、本例の原因として最も考えられる原因は、

C) Inferior vena cava compression IVC :下大静脈の圧迫 
正解:C


supine hypotension syndromeについて
http://www.san-kiso.com/sannka/teiketuatu.html を改編)

妊娠後期になると増大した胎児と羊水のために子宮はかなりの大きさ、重量になります。
妊娠中期から後期にかけて仰臥位になると急激な血圧低下を
引き起こすことがあります。
これを仰臥位低血圧症候群といいます。

IVCは体の中では背骨の前右側を走行しています。
仰臥位でねることで増大した子宮が母体の下大静脈を圧迫します。

この大きな静脈が圧迫されると血管がつぶれて、その先に血液が通わなくなります。
つぶされた先には心臓があります。
心臓に通うべき血液が急激に減少し、
ポンプである心臓は空打ち状態となります。
心臓に戻ってくる血液が減少すると心臓から出て行く血液も減少するため、
血圧は低下し、母体の脳や胎児に循環する血液量が減少します。

仰臥位低血圧症候群が発生するとお母さんは意識レベルが低下し、
気分が悪くなりひどいと気絶します。
胎児の心拍数も急激に低下します。
母さんも赤ちゃんも苦しくなるわけです。

この状態を回避するには、下図のように左下臥位にして
圧迫されたIVCが開くようにすれば症状は改善します。



他の選択肢について

(First Aid: Q&A for the USMLE Step 1の解答を参考に作成)

A) Anemia 貧血:
  妊婦でよく起こるが、体位変換による血圧変化はない。

B) Cardiogenic shock
  もちろん低血圧の原因であるが、体位によらずBP低いはず。

D) Third spacing of fluid
  妊婦にもよく起こり、手足の浮腫は起こす。
  また、場合によっては篤な肺水腫という状態も考慮すべき問題ではある。
  しかし、本例の原因とは考えにくい。

E) Vasodilatation
  妊娠で血管拡張は起こりえるが、体位よるBP変化は起こさないであろう。


関連記事
2015/09/16 17:31 循環器 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: