> AIの医師国家試験正答率:42.6% - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
「症状から病名」新人工知能 医師国家試験、合格レベル目標 
慶応・静岡大が開発

朝日新聞 2015年9月17日 (木)配信

artificial-intelligence-610x400.jpg 
http://althouse.biz/artificial-intelligence/


慶応大と静岡大のグループが16日、
症状や検査データから病名を判定する人工知能プログラムを開発したと発表した。
医師国家試験の合格ラインを目指すという。
将来は医師の診療支援システム開発などにつなげたい考えだ。

患者の情報をもとに最新の情報にアクセスして診断を補助するシステムがあれば
医師の見落としを防げる可能性がある。

その第一歩として、医師国家試験問題を解く試作品を開発した。

挑戦するのは医師国家試験のうちの「臨床実地問題」

患者の病歴や症状などから病名を類推する5択式の問題で、
正解が複数のこともある。

患者の訴えを聞いて判断する現実の診断に近い。
今のところ過去に出された27問に対する正答率が42.6%
医師国家試験に合格するには6割以上が必要だ。

プログラムには現在、475の病名と、899の症状から病名を判定するルールが組み込まれている。
問題文が入力されると、読み込んで言語解析を行い、
血圧や体温などの数値や腹痛などの症状を表す単語を抽出して整理し、
ルールにあてはめて回答を選択する。病名や症状を増やせば正答率は上がるという。

グループの榊原康文慶応大学理工学部教授(生命情報学)は「2、3年で達成できるのではないか」と話す。


なかなか、面白い試みです。
症候から見た疾患の発現率、
各治療法の根拠となる最新EBMなど、
いろいろなバイアスも考慮しなければなりません。

各専門医試験のレベルまで到達できないと、
臨床的には使い物にならないでしょうね。

関連記事

スポンサーリンク

2015/09/18 06:07 医療関係のニュース TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: