FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
歯科医師国家試験対策サイト! DCロムニーハウスがお手伝い
 から引用改編


口腔外科に関しての良問がそろっているようです。

sindrome-gorlin-goltz-1-728.jpg 
http://darrencriss.online/sindrome-gorlin-goltz-75/ から



問1 扁平苔癬について正しいのはどれか。2つ選べ。

A 痛みは伴わない
B 片側にのみ生じる
C ステロイド投与する
D 上皮突起は鋸歯状に変化
E 上皮下に好中球の帯状浸潤



問2 前癌状態はどれか。全て選べ。

A 梅毒
B 紅板症
C 乳頭腫
D 扁平苔癬
E エリテマトーデス



問3 Gorlin-Goltz症の特徴について正しいのはどれか。全て選べ。

A 両眼隔離
B 二分肋骨
C 脳硬膜の石灰化
D 手掌の点状小窩
E 常染色体優性遺伝


問4 Sturge-Weber症の特徴について正しいのはどれか。全て選べ。

A 緑内障
B てんかん
C 知的障害
D 遺伝性の疾患
E 顔面神経支配領域に斑



問5 次のうち、トリソミーはどれか。全て選べ。

A 5p-症候群
B パトー症候群
C ダウン症候群
D ターナー症候群
E エドワーズ症候群


解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)


解答

問1 扁平苔癬について正しいのはどれか。2つ選べ。

A 痛みは伴わない
B 片側にのみ生じる
C ステロイド投与する
D 上皮突起は鋸歯状に変化
E 上皮下に好中球の帯状浸潤


解答:C,D

扁平苔癬は白板症との鑑別として「痛みを伴う」「両側の頬粘膜に発生」がある。

その他、次のような病理組織的な特徴がある。

・錯角化層の肥厚
・上皮下にリンパ球の帯状浸潤
・上皮突起はギザギザ(鋸歯状)に変化する
・基底細胞付近に「コロイド体」がみられる
・基底細胞の水症性変化
・基底細胞直下の好酸性帯

治療は「ステロイド」「ビタミンA」及び、アレルギーの場合は、「金属冠の除去」

★HCVとの関連性が言われている。


問2 前癌状態はどれか。全て選べ。

A 梅毒
B 紅板症
C 乳頭腫
D 扁平苔癬
E エリテマトーデス

解答:A,C,D,E

その他の前癌状態

・Plummer-vinson症
・口腔粘膜下線維症
・表皮水疱症
・色素性乾皮症

★前癌病変には白板症と紅板症がある。

https://www.jsoms.or.jp/public/disease/setumei_koku/ 参照


問3 Gorlin-Goltz症の特徴について正しいのはどれか。全て選べ。


A 両眼隔離
B 二分肋骨
C 脳硬膜の石灰化
D 手掌の点状小窩
E 常染色体優性遺伝

解答:すべて

基底細胞母斑症候群「Gorlin-Goltz症」

原因:『常染色体優先遺伝』で、家族性の症候群!

症状:
「多発性基底細胞上皮腫」「多発性顎嚢胞」
「大脳嫌(脳硬膜)の石灰化」「骨の病変(二分肋骨、側彎など)」
「手掌の点状小窩」「両眼隔離」


★癌化することもある。


参考記事;

病理ポイント集5:口腔病理 各論2

遺伝、先天異常、骨系統疾患 新作問題

顎骨に病変 どーれ?

口腔外科 予想問題7:遺伝、先天異常、骨系統疾患




問4 Sturge-Weber症の特徴について正しいのはどれか。全て選べ。

A 緑内障
B てんかん
C 知的障害
D 遺伝性の疾患
E 顔面神経支配領域に斑

解答:A~D


Sturge-Weber症

血管腫関連症候群である。
遺伝性の疾患。

・三叉神経支配領域に斑がみられる
・脳軟膜血管腫:大脳の石灰化・萎縮、てんかん、知的障害
・緑内障(=牛眼)

母斑症など:110歯C121

参照


問5 次のうち、トリソミーはどれか。全て選べ。

A 5p-症候群
B パトー症候群
C ダウン症候群
D ターナー症候群
E エドワーズ症候群


解答:B,C,E


染色体異常によるもの(遺伝子異常ではない)

・21トリソミー ➡ ダウン症候群
・18トリソミー ➡ エドワーズ症候群
・13トリソミー ➡ パトー症候群

・5p- ➡ 猫鳴き症候群

・XO女性 ➡ ターナー症候群
・XXY男性 ➡ クラインフェルター症候群


★先天性心疾患、口唇口蓋裂を伴う ➡ エドワーズ症候群、パトー症候群

            (ともに、女児に多く、生後1年以内に9割は死亡する)


参考記事:

病理ポイント集7:配偶子病と染色体異常

一般・必修対策予想問題1:口腔外科(遺伝、外傷)

染色体異常 (NBDE Part 1)

歯科病理 練習問題



関連記事
2018/09/24 13:12 口腔外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: