FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
m3com クイズから写真、解説を改編。
歯科の口腔外科に分類しました。

問題

8歳女性。
3日前から両手・両足に紅斑が生じ、歩行時の痛みを訴える。
皮膚症状が出現する前々日夜に38℃台の熱発があった。
喉の痛みを伴っている。
手の病変を図に示す。


HFM1.jpg

本疾患の説明として誤っているものはどれか。

A 口峡部に炎症を伴うことが多い
B ヘルペス属ウイルスによる感染症である
C 抗菌薬の内服は無効である
D 爪脱落を伴うことがある
E 夏季の発症が多い




解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)


解答

8歳女性。
3日前から両手・両足に紅斑が生じ、歩行時の痛みを訴える。
皮膚症状が出現する前々日夜に38℃台の熱発があった。
喉の痛みを伴っている。
手の病変を図に示す。

HFM1.jpg

図;http://www.nsknet.or.jp/katoh/hfm.html から引用

本疾患の説明として誤っているものはどれか。

A 口峡部に炎症を伴うことが多い
B ヘルペス属ウイルスによる感染症である
C 抗菌薬の内服は無効である
D 爪脱落を伴うことがある
E 夏季の発症が多い




正解  B ヘルペス属ウイルスによる感染症である




診断:手足口病

エンテロウイルス属に属するコクサッキーウイルスA群
およびエンテロウイルス71型による感染症である。

夏季の発症が多い
従来の手足口病はコクサッキーウイルスA16型やエンテロウイルス71型による
掌蹠を中心に臀部や膝蓋部に生じる小水疱と口腔内の少数のアフタが特徴であったが、
2010年以降は皮膚症状が重症で、コクサッキーA6型(CA6)
病原体と同定される症例が目立つようになった


CA6による手足口病の特徴は、

皮膚症状が重症であることのほか、
1日だけの高熱を伴うこと、
口腔粘膜よりもヘルパンギーナと同様の口峡の炎症を伴う頻度が高いこと。
罹患2カ月後に爪甲脱落症(近位部からの弓状の剥離)を伴う例があること


が特徴である。

本年も既にヘルパンギーナの流行が始まっており、
こういった症例が増えてくる可能性があるので注意が必要である。


手足口病:
http://www.nsknet.or.jp/katoh/hfm.html

を参考に


関連記事
2018/09/28 06:03 口腔外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: