FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
https://medu4.com/100F27 から


100F27
81歳の女性。胸やけを主訴に来院した。
3年前から胸やけと前胸部痛とを自覚することがあった。
症状が次第に増悪し、最近2か月で5kgの体重減少がみられる。
体温36.1℃。脈拍72/分、整。
心雑音はなく、呼吸音に異常を認めない。
血液所見:赤血球325万、Hb 9.9g/dL、Ht 30%、血小板29万。
血清生化学所見:総蛋白6.7g/dL、アルブミン3.6g/dL、
尿素窒素18mg/dL、クレアチニン1.0mg/dL、
総ビリルビン0.6mg/dL、AST 18IU/L、ALT 10IU/L。
上部消化管造影写真を別に示す。


thumb_100F-27.jpg

診断はどれか。


a 食道憩室
b 食道裂孔ヘルニア
c 横隔膜麻痺
d 胃軸捻転
e 胃癌





解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)



解答

81歳の女性。胸やけを主訴に来院した。
3年前から胸やけと前胸部痛とを自覚することがあった。
症状が次第に増悪し、最近2か月で5kgの体重減少がみられる。
体温36.1℃。脈拍72/分、整。
心雑音はなく、呼吸音に異常を認めない。
血液所見:赤血球325万、Hb 9.9g/dL、Ht 30%、血小板29万。
血清生化学所見:総蛋白6.7g/dL、アルブミン3.6g/dL、
尿素窒素18mg/dL、クレアチニン1.0mg/dL、
総ビリルビン0.6mg/dL、AST 18IU/L、ALT 10IU/L。
上部消化管造影写真を別に示す。

thumb_100F-27.jpg

診断はどれか。


a 食道憩室
b 食道裂孔ヘルニア
c 横隔膜麻痺
d 胃軸捻転
e 胃癌


解答: b

100F27の解説

上部消化管造影写真では横隔膜より口側に胃上部が滑脱しており、食道裂肛ヘルニアの診断である。


a 造影所見で食道憩室は認めない。

 

kyoubu_shokudou_011.jpg 
https://medical.jiji.com/medical/012-0131-01


b 正しい。
  これにより逆流性食道炎を起こしている。



c 横隔膜が挙上しているはずである。

d・e 造影写真からは軸捻転や胃癌は否定的。


関連記事
2018/09/30 17:01 消化管・肝胆膵 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: