FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
https://medu4.com/112D38 から

割れ問!


201804081400069db.jpg 

http://kango-gakusei-otasuke-site.com/blog-entry-21.html


112D38
出生直後の新生児。
妊娠36週までの妊婦健康診査では児の発育は順調であったが、
妊娠37週2日に母親に下腹部痛と性器出血が出現し、
胎児心拍数陣痛図で遅発一過性徐脈を繰り返し認めたため緊急帝王切開で出生した。
心拍数60/分。出生時から自発呼吸がなく、全身にチアノーゼを認める。
刺激をしても反応がなく、全身がだらりとしている。
娩出後30秒の時点で自発呼吸を認めない。外表奇形を認めない。

この時点で開始する処置として適切なのはどれか。

a 胸骨圧迫
b 静脈路確保
c 足底および背部刺激
d バッグバルブマスク換気
e 持続的気道陽圧法〈CPAP〉


解答:MOREへ



関連記事(一部広告含む)



解答


正解  d



112D38の解説

出生直後にApgar score 1点の新生児。
娩出後30秒が経過しても自発呼吸がなく、ピンチだ。

a 胸骨圧迫
心拍は存在しており、胸骨圧迫は意義に乏しい。

b 静脈路確保
新生児の静脈路確保は往々にして難渋する。
自発呼吸がみられない状態で時間が経過すると、蘇生できる確率がどんどん減少してしまう。

c 足底および背部刺激
「刺激をしても反応がなく」とあるため、さらなる刺激に無駄な時間を使うことはできない。

d バッグバルブマスク換気
正しい。90%以上の症例でバッグバルブマスク換気により事態が改善することが知られている。

42_7_text002.jpg 
https://www.kango-roo.com/sn/m/view/284 から


e 持続的気道陽圧法〈CPAP〉
自発呼吸の存在を前提とした人工呼吸である。


正答率:54.6%

関連記事
2018/11/09 06:00 小児・発達 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: