> 義歯作成時における残根の取り扱い(106D-25、107B-33) - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1

歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ 記事からの引用改編です。
2014年05月27日配信)

上記ブログの管理人が2014年に東北大学歯学部でのセミナーを行ったようです。
その折に解説した第107回 B-33と106D-25についての記事だそうです。
記事名:【補綴(義歯)】残根の取り扱い(第106回Dー25)



では、問題。


107B-33
67歳の女性。
咀嚼時の上下顎義歯床下粘膜の疼痛を主訴として来院した。
義歯は2年前に装着し、その後臼歯部補綴処置に伴い
修理と調整を重ねていたという。
現在の義歯を修理して暫間義歯として使用することとした。
義歯装着時と義歯撤去時の口腔内写真を別に示す。
主訴を改善するための適切な処置はどれか。2つ選べ。

a 人工歯の交換
b 義歯床の拡大
c レストの追加
d 咬合高径の挙上
e パラタルバーの追加



t02200371_0315053112935860105.jpg 
               義歯装着時

107b-33 b
              義歯撤去時

106D-25
75歳の女性。義歯の新製を希望して来院した。
1か月前に下顎前歯部ブリッジが脱離し、
義歯が使用できなくなったという。
全身疾患の既往歴はない。
義歯を新製することとした。
初診時の口内写真別冊No. 25Aと
エックス線写真別冊No.25Bとを別に示す。
下顎義歯製作のための前処置として適切なのはどれか。
2つ選べ。

a 小帯切除
b 歯槽堤形成
c 残根の抜歯
d 下顎隆起切除
e 義歯性線維腫切除

106D-25.jpg
25A

106D-25b.jpg 
25B



解説:MOREへ

スポンサーリンク


解説

107B-33
67歳の女性。
咀嚼時の上下顎義歯床下粘膜の疼痛を主訴として来院した。
義歯は2年前に装着し、その後臼歯部補綴処置に伴い修理と
調整を重ねていたという。
現在の義歯を修理して暫間義歯として使用することとした。
義歯装着時と義歯撤去時の口腔内写真を別に示す。
主訴を改善するための適切な処置はどれか。2つ選べ。

a 人工歯の交換
b 義歯床の拡大
c レストの追加

d 咬合高径の挙上
e パラタルバーの追加

t02200371_0315053112935860105.jpg 

107b-33 b 

正解:BC


このセミナーで、

「左上2番は残根なので、上顎のPDは残根上の義歯となっている」

という説明をしたところ、
セミナー後に106D-25について質問を受けたようです。。

106D-25
75歳の女性。義歯の新製を希望して来院した。
1か月前に下顎前歯部ブリッジが脱離し、
義歯が使用できなくなったという。
全身疾患の既往歴はない。
義歯を新製することとした。
初診時の口内写真別冊No. 25Aと
エックス線写真別冊No.25Bとを別に示す。
下顎義歯製作のための前処置として適切なのはどれか。2つ選べ。

a 小帯切除
b 歯槽堤形成
c 残根の抜歯
d 下顎隆起切除
e 義歯性線維腫切除

106D-25.jpg
25A

106D-25b.jpg 
25B



質問の内容は、

「第106回 Dー25の公式解答はcとdだが、
残根を抜歯せずに残根上義歯にできないのでしょうか??」


というものでした。

臨床実地問題を解答する上で、よい質問だと思いました。
受験生の皆様の参考になると思いますので、ブログで紹介します。

結論から言いますと、106D-25の症例の残根では、「残根上義歯」にはできません。

第106回 Dー25の口腔内写真を見ますと、残根が存在していることがわかります。

しかし、残根は歯肉に覆われています。
残根の色や形状を見ると、残根の表面に齲蝕象牙質(軟化象牙質)が多量に存在していると推測できます。

与えられているパノラマX線写真を見ると残根が歯肉に覆われており、
齲蝕の影響なのか、残根の形態がはっきりしません(そもそもパノラマX線写真が不鮮明なんですが)。

したがいまして、

このような状態の残根を保存して、残根上義歯とすることは日常臨床ではやりません。

よって、公式解答に違和感はありません・・・

というのが質問への回答となります。

残根上義歯は日常臨床では比較的多く用いられる方法ですが、
残根をなんでもかんでも保存しているというわけではありません
ので、注意してください。

関連記事
2015/09/20 22:57 全部床 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: