FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
比較的簡単であろう。
頻出疾患!

https://medu4.com/112D42 から


112D42
日齢24の新生児。
嘔吐を主訴に両親に連れられて来院した。
10日前から哺乳後の嘔吐を時々認めていたが、
2日前から哺乳のたびに噴水状の嘔吐を認めるようになった。
活気は不良である。
体重3,848g(日齢9では3,882g)。体温36.7℃。心拍数128/分。
血圧94/58mmHg。呼吸数28/分。
毛細血管再充満時間は3秒と延長している。
四肢末梢に軽度冷感を認める。
皮膚のツルゴールは低下している。
大泉門はやや陥凹。咽頭発赤を認めない。
胸部に異常を認めない。
腹部は軽度膨満しており、右上腹部に径1.5cmの腫瘤を触知する。

患児の腹部超音波検査で認められる所見はどれか。

a 腸管の拡張
b 腸管壁の浮腫
c 幽門筋層の肥厚
d 肝内の充実性腫瘤
e 総胆管の嚢腫状変化



解答:MOREへ

スポンサーリンク



解答

正解  c

112D42の解説

生後3週程度経過した新生児の噴水状嘔吐。
肥厚性幽門狭窄症を考えよう。


th-sh-00416.jpg 
https://medick.biz/category/select/pid/92731 から


a 幽門部の肥厚により胃が拡張する可能性はあっても、腸管は拡張しない。

b 腸炎にてみられる。

c 正しい。
  病名の通りの超音波検査所見である。

d 肝腫瘍にてみられる。

e 先天性胆道拡張症にてみられる。


th-sh-00679.jpg 
https://medick.biz/category/select/pid/93208 から


正答率:98.9%

関連記事
2018/11/12 19:33 小児・発達 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: