FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
サイトカイン関係については、
歯科では必修問題として
出される可能性が高いでしょう。
自分なりに、
よくまとめておくべきでしょう。

各インターロキンの働きや
分泌される細胞など
整理しておくべきでしょう。



56485648.jpg 

https://www.rndsystems.com/resources/articles/interleukin-6

問題

炎症性サイトカインはどれか。すべて選べ。

a IL-1
b IL-2
c IL-6
d M-CSF
e TNF-α


解答:MOREへ


関連記事(一部広告含む)



解答


炎症性サイトカインはどれか。すべて選べ。

a IL-1
b IL-2
c IL-6
d M-CSF
e TNF-α


正解 ace

炎症性サイトカイン[inflammatory cytokine]

主な炎症性サイトカイン
として、

TNF-α、IL-1、IL-6があげられるが、

このほかに、
IFNγ、IL-8、IL-12、IL-18がある。

TNF-α:http://www.nutri.co.jp/nutrition/keywords/ch2-2/keyword1/ 参照

IL-1:
マクロファージや血管内皮から産生される炎症性サイトカインである。
半減期が数分ときわめて短いため血中で検出されにくい。
IL-1にはIL-1α、 IL-1βが存在し、ともにTNF-αと同様に強い炎症反応を惹起し、
代謝を亢進し血圧低下を引き起こす。
内因性のIL-1阻害物質として、IL-1受容体拮抗物質(IL-1ra)が産生され、IL-1の作用調節を行っている。

IL-6:
TNF-αやIL-1によって産生が誘導される。
大侵襲後には長期間血中で検出され、
組織傷害の程度などの侵襲の大きさと比例して血中レベルが上昇する。
肝における急性相タンパク合成を促進し好中球の活性化と寿命延長作用を有する。
逆にTNF-αやIL-1の活性化を抑制し、これらの内因性阻害物質(sTNFR、 IL-1ra)の産生を高めるため、
炎症性・抗炎症性サイトカインの両作用を有する。

IFNγ:
細菌抗原やIL-12、 IL-18などによって活性化されたヘルパーT細胞から産生され、
抗ウイルス作用を高め、マクロファージを活性化する。

IL-8:
好中球の強力な遊走活性を有するケモカインである。

IL-12:
単球、マクロファージ、好中球、樹状細胞などから産生され、
炎症性・抗炎症性サイトカインの産生を高める。
細胞性免疫を高め、Th1リンパ球への分化を促進する。

IL-18:
活性化されたマクロファージから産生され、IFNγの産生を高める。
細胞性免疫に加え液性免疫の増強効果を有する。

http://www.nutri.co.jp/nutrition/keywords/ch2-2/keyword4/
http://www.nutri.co.jp/nutrition/keywords/ch2-2/keyword2/
http://www.nutri.co.jp/nutrition/keywords/ch2-2/keyword3/
から、編集


抗炎症性サイトカイン
炎症性サイトカインとは逆に、炎症の抑制に働くサイトカイン。
IL-10、TGF-βが挙げられる。


b IL-2:
未分化なT細胞(ナイーブT細胞)及びインターフェロンγやIL-12の刺激を受けて
ナイーブT細胞から分化した1型ヘルパーT細胞によって産生され、
Th1サイトカインと呼ばれるグループに分類される。
IL-2は細胞性免疫に関与している。



d M-CSF:
単球へ分化させるコロニー増殖因子。
単球、線維芽細胞、骨芽細胞などから分泌されマクロファジを刺激する。
RANKの発現を誘導し骨代謝にも関与する。


以下はWikipedia から

上のサイトもよくまとまっています。
目を通すといいでしょう。

関連記事
2018/11/23 22:57 免疫:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: