FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
歯科卒試レベルでしょうか?


問題

粘膜型天疱瘡において優位な診断材料となるものはどれか。
1つ選べ。

A Tzanck試験
B 抗BP180抗体
C 抗SS-A抗体
D 抗デスモグレイン1抗体
E 抗デスモグレイン3抗体



解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)


解答

正解  E


解説

臨床的に天疱瘡を疑った場合に診断に有用な検査は、

天疱瘡抗原に対する自己抗体である
抗デスモグレイン(desmoglein,Dsg)1 IgG抗体
および抗Dsg3 IgG抗体の測定である。

これは採血のみで血清学的診断が可能であるため、
診療科を問わず施行できる点で優れている。

抗Dsg抗体が陽性となった場合には、さらなる検査が必要となろう。
抗Dsg抗体の大まかな解釈法を知っておくと良い。


デスモグレインは、
表皮細胞と表皮細胞がお互いにくっつく(接着する)のに重要な役割をしている蛋白です。
デスモゾームという接着装置にある膜蛋白です。

天疱瘡の自己抗体は、デスモグレインに結合し攻撃することで、
デスモグレインの接着する働きを阻害します。
その結果、表皮細胞と表皮細胞がばらばらになり、表皮の中で水疱が生じます。

デスモグレイン1は、主に皮膚にあります。
デスモグレイン3は、主に粘膜(口腔、食道など)にあり、少しだけ皮膚にもあります。


(青字:皮膚科Q&A:https://www.dermatol.or.jp/qa/qa30/q03.html から)


すなわち、


「抗Dsg1抗体」は“皮膚病変”

「抗Dsg3抗体」は“粘膜病変”



を反映している。


つまり、
抗Dsg1抗体のみが検出されれば落葉状(皮膚型)天疱瘡、

抗Dsg3抗体のみが検出されれば粘膜優位型尋常性天疱瘡、

抗Dsg1抗体と抗Dsg3抗体の両方とも検出されれば粘膜皮膚型尋常性天疱瘡

と血清学的に診断する。



粘膜優位型と判断すれば
抗デスモグレイン3抗体
が正解。

粘膜以外の皮膚にも水疱があれば、
DEの2つが正解となるであろう。



他の選択肢


A Tzanck試験

ツァンク細胞を探すために、小水疱を擦過して採取する試験である。
ツァンク細胞(多核巨細胞)は、以下の疾患で見られる。

単純疱疹
水痘と帯状疱疹
天疱瘡
サイトメガロウィルス

で、天疱瘡も含まれるが、水疱病変の鑑別には使えない。

(Wikipediaを
改編)

Tzanck test

を参照


B 抗BP180抗体 :類天疱瘡の検査。


C 抗SS-A抗体 :シェーグレン症候群に特異な自己抗体

関連記事
2018/12/17 00:01 口腔外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: