FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1


088f88fb.png 
  https://www.fizz-di.jp/archives/1033850363.html


103A24改題
ピリン系薬物はどれか。3つ選べ。

a アスピリン
b アンチピリン
c アンピシリン
d スルピリン
e アミノピリン




解答:MOREへ



関連記事(一部広告含む)



解答

ピリン系薬物はどれか。3つ選べ。

a アスピリン
b アンチピリン
c アンピシリン
d スルピリン
e アミノピリン

正解 bde


a アスピリン ×
間違えやすいが、ピリン系でない。

b アンチピリン ○

c アンピシリン ×
PC系抗生剤

d スルピリン ○
e アミノピリン ○


***********************

この問題は103A24の改題です。

オリジナルは、

103A24
ピラゾロン系薬過敏症の原因となるのはどれか。1つ選べ。

a アスピリン
b プレドニゾロン
c インドメタシン
d リゾチーム塩酸塩
e イソピルアンチピリン


正解 e

*************************


追加説明
http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/analg-nsaids.html#pyrine
http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/analg-nsaids.html
 から
詳細は上記を参考に

ピリン系薬剤 
◦ピラゾロン骨格を基本骨格とする解熱鎮痛薬
◦厳密にいえばNSAIDsではないが、NSAIDsに分類されることもある。
◦アスピリンは、ピリン系薬剤ではない。
◦ピリンアレルギー:ピリン系薬剤の投与により薬疹を生じる。


   1)ピラゾロン誘導体
     アンチピリン/アミノピリン/スルピリン/イソプロピルアンチピリン
    ◾解熱作用が強いが、その反面、副作用として顆粒球減少症、薬物アレルギー反応、ショックなどが起る可能性がある。
    ◾1950年代には、アミノピリンとスルピリンなどのピリン系製剤が含まれるアンプル入りの総合感冒薬が発売されていた。
      アレルギーによるショックのための死者が続出し(アンプル入りかぜ薬事件)、
       厚生省は1962年に製薬企業に発売停止や回収などを指示した。


   2) ピラゾリジン誘導体
     ◾フェニルブタゾン/オキシフェニルブタゾン(フェニルブタゾンの代謝物)/ケトフェニルブタゾン/フェプラゾン/スルフィンピラゾン
     ◾解熱鎮痛作用は比較的弱いが、抗炎症作用、抗リウマチ作用および尿酸排泄作用を有し、リウマチや痛風に用いられる。


****************************


少し砕けた説明は;https://www.fizz-di.jp/archives/1033850363.html からの抜粋


「ピリン系」の薬とは、解熱鎮痛薬(NSAIDs)のうち、「ピラゾロン基本骨格」を有する薬のことです。

※ピラゾロン基本骨格を有する解熱鎮痛薬(NSAIDs)の例
ピラゾロン誘導体(アンチピリン、アミノピリン、スルピリン、イソプロピルアンチピリン)
ピラゾリジン誘導体(フェニルブタゾン、ケトフェニルブタゾン、フェプラゾン、スルフィンピラゾン)

※ピラゾロン環の構造
ピラゾロン骨格

 『バイアスピリン』や『ロキソニン』は、この「ピラゾロン基本骨格」を持っていないため、「ピリン系」の薬ではありません。


薬剤師としてのアドバイス:アレルギー体質であることに注意は必要

 「ピリンアレルギー」の人でも『バイアスピリン』や『ロキソニン』は使うことができます。

 しかし、「ピリンアレルギー」の人は、他の物質に対してもアレルギーを起こしやすい傾向があります。


 そのため、『ロキソニン』や『バイアスピリン』でも起こる「アスピリン喘息」などの副作用には注意が必要です。


+αの情報①:アスピリン喘息との混同に注意

 「ピリンアレルギー」と混同しやすい副作用に、「アスピリン喘息」があります。これらは全く別の副作用です。

「アスピリン喘息」・・・解熱鎮痛薬(NSAIDs)全般で起こる、アレルギー反応
「ピリンアレルギー」・・・「ピラゾロン基本骨格」を有する解熱鎮痛薬(NSAIDs)のみで起こる、アレルギー反応
アスピリン喘息とピリンアレルギーの対象
 『バイアスピリン』や『ロキソニン』を避けなければならないのは、「アスピリン喘息」の人です。


+αの情報②:解熱鎮痛薬とNSAIDsは別の薬か

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)は、広義にはステロイド以外の抗炎症薬全般を指します。


一般的には、痛みや発熱に使用する「解熱鎮痛薬」と同じとほぼ同義です。

 「アセトアミノフェン」には抗炎症作用がほとんど無く、厳密にはNSAIDsに分類されません


しかし、基本的に同じような使い方をするため、まとめて述べられることもあります。



関連記事
2018/12/23 12:41 生化:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: