> サルコペニアのまとめ - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
サルコペニアについては、どの国家試験でも頻出分野でしょう。
頭整理のために、まとめておきます。

Wikipediaからの改編
understanding-sarcopenia-6-728.jpg
https://citywidesuperslow.com/use-lose-muscles-aging/

からの引用


サルコペニアは、
1989年にRosenbergによって
「加齢による筋肉量減少」を意味する用語として提唱された。

サルコペニアは造語で、
ギリシア語でサルコ(sarco)は「肉・筋肉」
ペニア(penia)は「減少・消失」
の意。

当初は骨格筋肉量の減少を定義としていたが、
徐々に筋力低下、機能低下も含まれるようになった。

上述の定義は
European Working Group on Sarcopenia in Older People(EWGSOP)のものであり、
身体機能障害、クオリティ・オブ・ライフ(QOL)低下、
死のリスクを伴う包括的な内容も含まれる。


サルコペニアの分類

EWGSOPでは、
サルコペニアを加齢に伴って生じる原発性(一次性)サルコペニアと、
活動、栄養、疾患に伴って生じる二次性サルコペニアに分類している。

原発性
加齢性サルコペニア - 加齢以外に明らかな原因がないもの。

二次性

1)活動に関連する
寝たきり、不活発なスタイル(生活)、失調や無重力状態が原因となり得るもの。

2)疾患に関連する
重症臓器不全(心臓、肺、肝臓、腎臓、脳)、炎症性疾患、
悪性腫瘍や内分泌疾患に付随するもの。

3)栄養に関係する
吸収不良、消化管疾患、および食欲不振を起こす薬剤使用などに伴う
摂取エネルギーおよび/またはタンパク質の摂取量不足に起因するもの。

代謝
外科処置
などによるものは2次性サルコペニアには含まれない。


また、サルコペニアのステージ分類として、下記のような3段階を定義している。


ステージ 筋肉量 筋力 身体能力
プレサルコペニア
サルコペニア または
重症サルコペニア

サルコペニア関係の記事:

関連記事

スポンサーリンク

2018/12/31 00:19 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: