FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
ブロとも申請フォーム
google+1
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

anaemiaについては、歯科医科ともに頻出分野。
医学生には少し物足りないかもしれません。


下記記事は、以下のサイト:
www.crc-group.co.jp/crc/q_and_a/31.html
 からの転用改編。



血算(末梢血液一般)検査では、
赤血球数、白血球数、血色素(ヘモグロビン)量、
ヘマトクリット値、血小板数とともに、
赤血球恒数と呼ばれるMCV、MCH、MCHCを指標。

MCV:平均赤血球容積で、赤血球1個の平均の大きさを表す。
MCH:平均赤血球血色素量で、赤血球1個に含まれるヘモグロビン量を表す。
MCHC:平均赤血球血色素濃度で赤血球に含まれるヘモグロビンを%で表す。

1489543965409.png


赤血球恒数によって
小球性低色素性貧血
正球性正色素性貧血
大球性高~正色素性貧血
の3つの型に分類して鑑別診断を進めます。

貧血の診断では、まずMCVによって小球性あるいは大球性貧血でないかをチェック

小球性貧血の代表疾患:
鉄欠乏性貧血で、血清鉄やTIBC、フェリチンを測定します。

大球性貧血:
まず巨赤芽球性貧血を考え、ビタミンB12と葉酸の欠乏の有無を調べます。

正球性貧血:
種々の血液疾患による造血障害、腎性貧血、症候性貧血などがあり、
網状赤血球の増加の有無を調べます。
また、基礎疾患などを含めて検索しますが、診断には骨髄穿刺を要することもある。


E8B2A7E8A180E58886E9A19EO.jpg
gpatalks.blog.so-net.ne.jp/2012-11-29-MD から


関連記事

関連記事(一部広告含む)

2018/12/31 18:11 血液:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど