様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ 
模試の成績が悪かった場合の対処法  から引用改編。
2014年09月09日配信)

test-failure-24536001.jpg 
http://www.dreamstime.com/stock-image-test-failure-image24536001


現役生の方の場合は
卒試や臨床実習に時間がとられてしまい、
国試対策が追いつかないという場合があるので、
模試の成績と国試の合否の関係が薄いことが多い
です。

しかし、

浪人生の方の場合は
国試対策のみの勉強をしているわけですから、
模試の成績に日頃の勉強の結果がストレートに表われている
といえます。

つまり、浪人生の方の場合には、
9月~12月に実施される各国試予備校の3回の模試は国試の合否と一定の関係
があります。

したがって、浪人生の方の場合には模試の結果をきちんと受け止めた方がよいです!
(模試の結果を「たまたまだ」とか思ってスルーしない、ということ)



模試を作成したものの経験によりますと、

受験生の皆さんが思っている以上に、
予備校の模試の問題は相当な手間をかけて&本気になって作成されています。

次の年も国試本番の出題予想も多数含まれていますので、
模試の復習は真剣に実施するべきなんです。

では、どのように復習すればよいのでしょうか??

配点が高い臨床実地問題の復習は「思考過程の確認」
をして欲しいのです。


どうやってこの問題を解いたのか?

どのように考えたのか?

どのようにして間違ったのか?

・・・・という流れの確認です。

以前もブログに書いたことがありますが、
「思考過程の確認」をすることで汎用性のある考え方が身につきます

今の歯科医師国家試験には見たことがない問題が多数出題されるので、

汎用性がある思考方法を身につけておかないと
本番で途方に暮れてしまうおそれがあります



関連記事

関連記事(一部広告含む)

2015/09/24 19:19 お知らせ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: