> 16回ST国試:歯科関係 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
第16回言語聴覚士国家試験から歯科国試に関係する
問題を集めました。

northwestern-medicine-speech-therapy.jpg
www.nm.org/conditions-and-care-areas/rehabilitation-services/speech-therapy から


解答は答えのみですが。

STナビ:
stnavi.info/study/16am/
stnavi.info/study/16pm/
から


第12問 小児で睡眠時無呼吸症候群を起こす病態で最も多いのはどれか。
1. アデノイド・扁桃肥大
2. アレルギー性鼻炎
3. 後鼻孔閉鎖症
4. ムコ多糖症
5. 口蓋裂



第16問 口蓋裂の鼻咽腔閉鎖不全に対する手術法でないのはどれか。
a.ファーラー(Furlow)法
b.咽頭弁形成術
c.プッシュバック法
d.輪状咽頭筋切断術
e.ミラード(Millard)法
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e



第75問 声帯運動に関与する神経の走行に関係ないのはどれか。
1. 卵円孔
2. 頸静脈孔
3. 総頸動脈
4. 大動脈弓
5. 鎖骨下動脈




第119問 嚥下咽頭期に収縮するのはどれか。
a.甲状咽頭筋
b.外側輪状ひれつ筋
c.後輪状ひれつ筋
d.輪状甲状筋
e.輪状咽頭筋
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e



第149問 介護保険について誤っているのはどれか。
1. 保険者は市町村である。
2. 被保険者は40歳以上である。
3. 給付対象者は要介護状態または要支援状態と認定された被保険者である。
4. 介護保険給付には介護給付、予防給付、市町村特別給付がある。
5. 利用者負担は3割である。



第150問 医療保険制度の区分について誤っているのはどれか。
1. 日雇労働者の保健は職域保険である。
2. 国民健康保険は地域保険である。
3. 地方公務員の保険は地域保険である。
4. 船員保険は職域保険である。
5. 組合管掌健康保険は職域保険である。



第185問 嚥下内視鏡検査で誤っているのはどれか。
1. 嚥下機能全体を評価できる。
2. 検査食には着色水を用いることが多い。
3. 器質的および機能的異常の有無も観察する。
4. ベッドサイドでの施行が可能である。
5. 誤嚥に対応して吸引や酸素の準備が望ましい。



第187問 嚥下障害における栄養管理について正しいのはどれか。
a.経口摂取を中止するだけでは嚥下性肺炎を防止できない。
b.経口摂取が不可能であれば早期に胃瘻を増設する。
c.経鼻経管栄養チューブは胃瘻に比べて長期管理に適している。
d.中心静脈栄養では微量元素は補給できない。
e.経管栄養ではチューブ先端の位置確認が重要である。
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e



第86問 誤っている組合せはどれか。
1. 咽頭残留 - 頭部挙上訓練
2. 鼻腔への逆流 - 舌尖挙上訓練
3. 誤嚥物喀出訓練 - 随意的咳訓練
4. 嚥下反射惹起低下 - 冷圧刺激法
5. 喉頭蓋谷への残留 - 舌根後退運動



第104問 疾患と遺伝形式との組合せで誤っているのはどれか。
1. 血友病A - X連鎖劣性遺伝
2. 血友病B - 常染色体劣性遺伝
3. フェニルケトン尿症 - 常染色体劣性遺伝
4. ハンチントン病 - 常染色体優性遺伝
5. デュシェンヌ型筋ジストロフィー - X連鎖劣性遺伝



第105問 甲状腺機能低下症で出現しないのはどれか。
1. 発汗作用
2. 浮腫
3. 便秘
4. 全身倦怠感
5. 皮膚乾燥



第117問 口腔乾燥症の原因にならないのはどれか。
1. 頭頸部放射線照射
2. 糖尿病
3. 精神的ストレス
4. 口腔扁平苔癬
5. シェーグレン症候群


解答:MOREへ


スポンサーリンク



解答

第12問 小児で睡眠時無呼吸症候群を起こす病態で最も多いのはどれか。
1. アデノイド・扁桃肥大
2. アレルギー性鼻炎
3. 後鼻孔閉鎖症
4. ムコ多糖症
5. 口蓋裂

解答<1>

第16問 口蓋裂の鼻咽腔閉鎖不全に対する手術法でないのはどれか。
a.ファーラー(Furlow)法
b.咽頭弁形成術
c.プッシュバック法
d.輪状咽頭筋切断術
e.ミラード(Millard)法
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<5>

第75問 声帯運動に関与する神経の走行に関係ないのはどれか。
1. 卵円孔
2. 頸静脈孔
3. 総頸動脈
4. 大動脈弓
5. 鎖骨下動脈

解答<1>


第119問 嚥下咽頭期に収縮するのはどれか。
a.甲状咽頭筋
b.外側輪状ひれつ筋
c.後輪状ひれつ筋
d.輪状甲状筋
e.輪状咽頭筋
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<1>

第149問 介護保険について誤っているのはどれか。
1. 保険者は市町村である。
2. 被保険者は40歳以上である。
3. 給付対象者は要介護状態または要支援状態と認定された被保険者である。
4. 介護保険給付には介護給付、予防給付、市町村特別給付がある。
5. 利用者負担は3割である。

解答<5>

第150問 医療保険制度の区分について誤っているのはどれか。
1. 日雇労働者の保健は職域保険である。
2. 国民健康保険は地域保険である。
3. 地方公務員の保険は地域保険である。
4. 船員保険は職域保険である。
5. 組合管掌健康保険は職域保険である。

解答<3>

第185問 嚥下内視鏡検査で誤っているのはどれか。
1. 嚥下機能全体を評価できる。
2. 検査食には着色水を用いることが多い。
3. 器質的および機能的異常の有無も観察する。
4. ベッドサイドでの施行が可能である。
5. 誤嚥に対応して吸引や酸素の準備が望ましい。

解答<1>

第187問 嚥下障害における栄養管理について正しいのはどれか。
a.経口摂取を中止するだけでは嚥下性肺炎を防止できない。
b.経口摂取が不可能であれば早期に胃瘻を増設する。
c.経鼻経管栄養チューブは胃瘻に比べて長期管理に適している。
d.中心静脈栄養では微量元素は補給できない。
e.経管栄養ではチューブ先端の位置確認が重要である。
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<2>

第86問 誤っている組合せはどれか。
1. 咽頭残留 - 頭部挙上訓練
2. 鼻腔への逆流 - 舌尖挙上訓練
3. 誤嚥物喀出訓練 - 随意的咳訓練
4. 嚥下反射惹起低下 - 冷圧刺激法
5. 喉頭蓋谷への残留 - 舌根後退運動

解答<2>

第104問 疾患と遺伝形式との組合せで誤っているのはどれか。
1. 血友病A - X連鎖劣性遺伝
2. 血友病B - 常染色体劣性遺伝
3. フェニルケトン尿症 - 常染色体劣性遺伝
4. ハンチントン病 - 常染色体優性遺伝
5. デュシェンヌ型筋ジストロフィー - X連鎖劣性遺伝

解答<2>

第105問 甲状腺機能低下症で出現しないのはどれか。
1. 発汗作用
2. 浮腫
3. 便秘
4. 全身倦怠感
5. 皮膚乾燥

解答<1>

第117問 口腔乾燥症の原因にならないのはどれか。
1. 頭頸部放射線照射
2. 糖尿病
3. 精神的ストレス
4. 口腔扁平苔癬
5. シェーグレン症候群

解答<4>



2019/01/18 22:05 歯科・口腔外科全般 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: