> ankle脱臼骨折:113医B36 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
整形の必修問題。
なぜか割れ問


113B36

20歳の男性。右足関節の変形と疹痛のため救急車で搬入された。
会社員で、サッカーのクラブチームに所属している。
サッカーの試合中に他の選手と接触して受傷し、
歩行困難となったため救急車を要請した。
受傷時の足関節の肢位は不明であった。
既往歴、生活歴、家族歴に特記すべきことはない。
搬入時(受傷2時間後)の意識は清明。
体温36.9℃、心拍数100/分、整。
血圧124/76mmHg。呼吸数14/分。
SpO2 100%(鼻カニューラ1L/分酸素投与下)。
右足関節全体に腫脹と圧痛を認める。
右足関節周囲に開放創はない。
足背動脈は左右差なく触知可能であり、
右足趾の自動屈曲伸展運動は可能で、感覚に異常を認めない。
右足関節以外に異常を認めない。右足関節単純エックス線写真を別に示す。

thumb_113B-36-1.jpgthumb_113B-36-2.jpg

初期対応として適切なのはどれか。

a テーピング固定
b 抗菌薬投与
c 血行再建
d 大量輸液
e 整復


解答:MOREへ

スポンサーリンク


解答


正解 e



ankleの脱臼骨折にて、迷わずeの 整復(reduction,reposition) 。
即座にrepoすることが原則。

整形外科ではDupuytren fractureと称される
外果、内果骨折を伴うもの。

slide_58.jpg
SlidePrayer から


他の選択肢について

a テーピング固定
これだけでは意味がない。

b 抗菌薬投与
右足関節周囲に開放創はないとあるので、
open fractureではないので必要ないでしょう。

c 血行再建
足背動脈は左右差なく触知可能とあるので、
動脈損傷はないようなので血行再建は必要ない。


d 大量輸液
血圧124/76mmHg。呼吸数14/分。
SpO2 100%とvital 安定。
循環不全なしにて大量輸液 は必要なし。


消去法でaかeに絞れるが、常識的に考えてeだろうと推測可能でしょう。

関連記事
2019/02/20 00:01 整形外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: