> AEDに関する問題 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
前回、話題にしたAED。

偶然、医師国試問題で見つけました。
参考にupします。

歯科国試の必修問題でも類似した問題が、予想されます。


105医C-10

105cg2.jpg

105c10.jpg





解答:MOREへ

スポンサーリンク


解答

105c10.jpg

105cg2.jpg


abceは当然○。

意識がある患者にAEDが適応とされることはないので、
誤っているのは、d。

解答:d


AEDについて (Wikipedia)

使い方は、電源を入れ、電極パッドを胸に貼り付けると
心電図を解析して電気ショックを与えるべきかを調べる.。
電気ショックが必要と解析した場合には、機械の指示に従ってスイッチを押すと、
機械が自動的に電気ショックを与え、除細動を行う。

従来の除細動器は、
医師などの専門家の使用を想定しているため手動式であるが、
空港など公共の場に配備されている自動体外式除細動器 (AED) は、
操作を自動化して、医学的判断ができない一般の人でも使えるように設計されている。

AEDの発する指示音声にしたがってボタンを押すなど2 - 3の操作のみで、
取り付けもピクトグラムで分かりやすく説明されており、
医療知識や複雑な操作なしに電気的除細動が実行される。

なお、AEDによる除細動の実行と併せて、胸骨圧迫(心臓マッサージ)・人工呼吸を継続して行うことも、
救命のために望ましい。

日本では、救急車が現場到着するまで平均で約7分を要するが、
心室細動の場合は、一刻も早く電気的除細動を施行することが必要とされている。

救急車の到着以前にAEDを使用した場合には、
救急隊員や医師が駆けつけてからAEDを使用するよりも、
救命率が数倍も高いことが明らかになっている。




関連記事
2015/09/26 22:50 循環器 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: