スポンサーリンク 臨床ではよくみかける装置 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
今回は、常識問題。
麻酔中に、よくみかける装置です。


107歯C-24
66 歳の女性。舌癌のため舌部分切除と頸部郭清術が行われた。
現在、高血圧症と高尿酸血症のため薬剤が処方されている。
全身麻酔中に装着した装置の写真(別冊No. 24)を別に示す。
この装置で予防できるのはどれか。 2 つ選べ。

a  神経麻痺
b  痛風発作
c  肺塞栓症
d  右心不全
e  深部静脈血栓

107c-24.png



解答:MOREへ


スポンサーリンク


解答

66 歳の女性。舌癌のため舌部分切除と頸部郭清術が行われた。
現在、高血圧症と高尿酸血症のため薬剤が処方されている。
全身麻酔中に装着した装置の写真(別冊No. 24)を別に示す。
この装置で予防できるのはどれか。 2 つ選べ。

a  神経麻痺
b  痛風発作
c  肺塞栓症
d  右心不全
e  深部静脈血栓

107c-24.png



この下腿に巻かれた装置は、
深部静脈血栓症予防用還流加圧装置 
external pneumatic compression for prevention from DVT。

従って、

正解:
c 肺塞栓症
e 深部静脈血栓


DVTは、臥床時間の長い手術中に注意が必要です。

また、
痛みが取れずに臥床時間が延びてしまう単なる腰痛や腰椎圧迫骨折患者、
老人の股関節周囲骨折、
下肢人工関節の手術前後
にもよく起こります。

このようなDVT疑いの患者のscreeningとして、
D-ダイマーの測定がなされます。

Dダイマー>10μg/mL では、DVTの有無確認のため
下肢エコーや下肢angio CTを行う必要があります。


*****************

★ワンポイントアドバイス

D-ダイマーとは?

下図右側のフィブリン分解産物の細小単位です。

FDPの一部であるフィブリン分解産物(上図の円の右半分)の、
さらに細小単位がDダイマーです。

ですから、FDPの一部の、さらに一部がDダイマーです。

通常、
フィブリノゲンよりもフィブリンの方が
遥かにプラスミンの作用を受けやすいために、
FDPの大部分はフィブリン分解産物です。そのため、
FDPとDダイマーは絡み合うように上昇することが多いです。
たとえば、FDP20μg/mLならばDダイマー15μg/mL、
FDP50μg/mLならばDダイマー40μg/mLと言った感じです。






1754956084465eb0.jpg

http://www.3nai.jp/weblog/archive/month200812.html より


****************





関連記事
2015/09/27 22:12 歯科麻酔・救急 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: