FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
高齢者では非常に多い病態。
今後、出題が増えていくかも。




bladdercontrol.jpg

stpeteurology.com/overactive-bladder/



103I58

65歳の女性。尿意切迫感、切迫性尿失禁および夜間頻尿を主訴に来院した。
尿所見:蛋白(-)、糖(-)、沈渣に赤血球0~2/1視野、白血球1~3/1視野。
尿量1,000~1,300 ml/日、排尿量80~200 ml、残尿量10~20 ml。
昼間排尿回数8~10回、夜間排尿回数2、3回。
対応として適切なのはどれか。

a 水分制限
b 抗菌薬投与
c 睡眠薬投与
d α1遮断薬投与
e 抗コリン薬投与


解答:MOREへ



関連記事(一部広告含む)



解答

正解 e

正答率:72%


103I58の解説(Medu4から改編)


1)尿意切迫感
2)切迫性尿失禁
3)頻尿

と主症状が3つ揃った典型的な過活動膀胱(OAB; overactive bladder)

OAB#
blogs.yahoo.co.jp/n_harikyu/72718502.html から


a 行動療法として考えられないわけではないが、まず第一に考えることではない。

b 感染症ではないため誤り。膀胱炎の場合、尿混濁がみられる。

c 実際は睡眠薬が処方されることもあるが、薬物療法の第一選択は抗コリン薬である。

d 尿道拡張作用があるため前立腺肥大症が原因となっている場合は第一選択である。
       しかし本症例は女性であるため前立腺肥大症は考えられない。

e 正しい。
  抗コリン薬は、膀胱平滑筋の収縮を抑えること排尿回数を減らす。
  本症例では第一選択となる。ただし、前立腺肥大症が原因の場合は
  抗コリン薬で尿閉を引き起こす可能性が高いためdの通りα1遮断薬を用いる。 
  最近は、β3作動薬も抗コリン剤で生じる便秘などが生じにくく
  服薬継続率も高く好んで使われるようである。


OAB treat#
medical.radionikkei.jp/suzuken/final/111006html/index.html から

関連記事
2019/03/29 23:13 腎・泌尿器 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: