FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
昨日の整形専門医講習で学んだことを元に、
こんな問題を出してみました。
整形専門医レベルの問題で少し難しいでしょうか?




問題

2歳の男性。
這い這いをするときも、泣くことが多く、
骨変形を主訴に小児科から当小児整形外科を受診。
理学的には眼球がやや青みがかっていた。
来院時の写真を示す。


en_a01fig01.jpg


本疾患について正しいものをすべて選べ。

a Ⅰ型 コラーゲンの異常によって生じる。
b 病型によっては、常染色体優性遺伝により起こる。
c すべての症例で、難聴を伴う。
d 病型により予後は異なる。
e ビスフォスフォネート製剤は有効ではない。


解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)



解答

正解 abd


en_a01fig01.jpg
Acta Orthopedica Brasileria:
Surgical treatment of deformities and fractures on lower limbs with Osteogenesis imperfecta
から引用


本症例は、骨形成不全症 (OGI: osteogesis imperfecta)のⅢ型症例でかなり予後不良のもの。
這い這い時から、骨折を繰り返しよく泣いていたことでしょう。
青色強膜も本症の特徴。

OGIについては、109回医師国試で出題されています。
易骨折性+青色強膜? 109医I22



さて、
この症例は、以下のように骨切りをして変形矯正し、
髄内ワイヤーで治療したようである。

en_a01fig02.jpg



各選択肢について


〇 a Ⅰ型 コラーゲンの異常によって生じる。
骨基質を構成しているコラーゲンはⅠ型 コラーゲンがうまく生成されないことによる。

〇 b 病型によっては、常染色体優性遺伝により起こる。
×   c すべての症例で、難聴を伴う。
〇 d 病型により予後は異なる。

以下のようなSillence分類により、Ⅰ型からⅣ型に分類。
Ⅱ型が最重症のようである。

型により遺伝形式は異なる。
難聴は、約半数で認められるようである。

tbl_01_b1.gif

骨形成不全症の分類について



骨形成不全症の臨床像は非常に多彩であり、生まれてすぐに死亡する周産期致死型から、
生涯にわたり明らかな症状がなく偶然発見されるものまである。

臨床症状は易骨折性、骨変形などの長管骨の骨脆弱性と脊椎骨の変形に加え、
成長障害、青色強膜、歯牙(象牙質)形成不全、難聴、関節皮膚の過伸展、心臓弁の異常など。
中でも骨変形による骨痛、脊柱変形による呼吸機能障害、難聴、
心臓弁(大動脈弁、僧帽弁に多い)の異常による心不全が年長期以降に生じることが多い。
骨脆弱性のために運動発達が遅延する。

また骨脆弱性は成人後も継続し、妊娠・出産や加齢に関係した悪化が知られるため、
生涯に渡る管理・治療が必要である。

骨形成不全症(指定難病274) より



× e ビスフォスフォネート製剤は有効ではない。

最近、強力な作用のビスフォスフォネート製剤が臨床の現場に登場して以来、
散発的にビスフォスフォネート製剤の骨形成不全症への骨折予防効果を
示す成績が報告されるようになりました。

当初は、少数例による検討で投与量もまちまちだったが、
カナダのマックギール大学のGlorieuxらにより、
まと まった数の本症の小児に対して
ビスフォスフォネート製剤の一種である
パミドロン酸二ナトリウムを点滴で投与して、
骨の量が増加し、骨折回数が減少した

とい うことが発表された。



関連記事
2019/03/31 12:55 整形外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: