> ペンタジン依存患者への対応:113医B25 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1

14170405.jpg

ペンタジン中毒患者さんへの対応に関するもの。
現実的にはどうなんでしょうか?


113B25

55歳の男性。腰痛を主訴に夜間外来を受診した。
今朝から持病の腰痛が増悪し、市販の鎮痛薬を
3回内服しても改善しないため受診した。
「以前から指摘されている腰椎の椎間板ヘルニアによる痛みだと思う。
痛みが取れないと仕事ができない」と訴えている。
意識は清明。体温36.2℃。脈拍64/分、整。血圧146/82mmHg。
第4腰椎レベルの傍脊柱筋に圧痛を認める。
神経診察に異常を認めない。
担当医は筋・筋膜性の腰痛の可能性が高いと判断し、
消炎鎮痛薬の内服を提案したところ、
患者は「飲み薬は効かないので、よく効く注射をしてくれなければ帰らない」と訴えた。
半年前の診療記録にも、同様のエピソードで
ペンタゾシンの筋肉注射を受けて帰宅した記録が残っている。

まず行う対応として適切なのはどれか。

a 今後の診療を受け付けないように手配する。
b 薬物中毒として警察に届け出る。
c 5%ブドウ糖液を筋肉注射する。
d ペンタゾシンを筋肉注射する。
e さらに詳しく話を聞く。


解答:MOREへ



スポンサーリンク



解答

正解 e


正答率:100%


a 今後の診療を受け付けないように手配する。
b 薬物中毒として警察に届け出る。
c 5%ブドウ糖液を筋肉注射する。
d ペンタゾシンを筋肉注射する。
e さらに詳しく話を聞く。


常識的にはeしかないだろう。

しかし、現実は、
abcdの対応した医師もいるであろう。

cなどはplacebo効果を期待して行うかもしれない。

正解であるeだが、
説明などしても素直に引き下がらない患者は、
夜間に特に多い。
忙しいERでの対応は苦慮してしまい、
ついついペンタジンを打ってしまうこともあるかもしれない。

半分、チンピラのような輩もいて、
警察を呼ばざるを得ない状況も十分にある。

下記サイト 参照

ペンタゾシン依存症が疑われる患者への対応


関連記事
2019/04/03 22:16 総合診療・救急・症候学 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: