FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
Medu4:109D43 から

正答率はよかったようです。



109D43

9歳の女児。
歩行時の下肢痛を主訴に母親に連れられて来院した。
1か月前から歩行時に両大腿から股関節部に疼痛があるため受診した。
Down症候群がある。股関節の変形障害に対し手術予定となった。
術前検査として撮影した頸椎エックス線写真(A、B、C)を別に示す。

109D-43A.jpg
A

109D-43B.jpg
B

109D-43C.jpg
C


所見として正しいのはどれか。

a 頸椎椎間板ヘルニア
b 環軸関節亜脱臼
c 後縦靱帯骨化症
d 黄色靱帯骨化症
e 頸椎症


解答:MOREへ


関連記事(一部広告含む)



解答

正解  b

正答率:96%


Down症候群では股関節脱臼など股関節障害をともないやすい。
そのための歩行時の下肢痛であろう。

が、本問はそれとは別の話で頸部の所見について問われている。
画像Aでは特に異常を指摘できないが、
画像B, Cにて環椎(第1頸椎)の歯突起と前弓の距離
(atlantodental interal〈ADI〉と呼ばれる)が開大しており(下図の黄色矢印)、
環軸椎亜脱臼の存在が考えられる。

109D-43C#

Medical Note:頚椎レントゲン写真の読影方法・見方!救急医療に!から


Down症候群に環軸椎亜脱臼を合併しやすい、
という知識は108G12で出題があった。
本問はそれを受けた臨床問題と考えられる。



環軸椎亜脱臼に関しては、
成人においてはRAに伴うことが多い。
RAにおいては、C1/2間の安定性に
主に寄与する横靭帯(transverse ligamaent)
が頸椎関節のパンヌス形成により浸食され、不安定になり起こることは、
知っておくべきであろう。
今後は、この話題が出る可能性がある。



C1/2周囲の解剖については、下図を参照。

combined_4.jpg

www.orthobullets.com/spine/2049/atlantoaxial-instability から


a・c~e 
特にDown症候群に合併しやすい疾患でもなければ、画像上も指摘できない。

b 正しい。上記の通り。


Medu4の解答に図を挿入、改編。



関連記事
2019/04/12 19:58 整形外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: