> 慢性副鼻腔炎の治療:108医A24 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
頻出分野でしょう。


108A24

48歳の女性。鼻閉を主訴に来院した。
20年前から両側の鼻閉があり、風邪をひくと悪化した。
鎮痛薬で気管支喘息を起こしたことがあった。
左鼻腔の内視鏡像(A)を別に示す。
右鼻腔も同様の所見である。
副鼻腔単純CTの水平断像(B)と冠状断像(C)を別に示す。

thumb_108A-24A.jpg
A

thumb_108A-24B.jpg
B

108A-24C.jpg
C

治療として最も適切なのはどれか。

a 抗菌薬投与
b 抗真菌薬投与
c 拡大上顎全摘出術
d 鼻内レーザー手術
e 内視鏡下鼻副鼻腔手術



解答:MOREへ

スポンサーリンク


解答

正解 e

正答率:77%



108A24の解説

鎮痛薬で喘息ということから、アスピリン喘息が推測される。
アスピリン喘息といえば、鼻茸。

ということで、
画像Aで鼻茸が示されている。

画像B, Cでは副鼻腔内に軟部陰影がみられている。

ということで、重度の慢性副鼻腔炎の診断となる。


選択肢

a 抗菌薬投与
b 抗真菌薬投与
c 拡大上顎全摘出術
d 鼻内レーザー手術
e 内視鏡下鼻副鼻腔手術


×a 
やや紛らわしい選択肢である。
感染が主体の慢性副鼻腔炎ではマクロライド系抗菌薬の少量持続投与が行われるが、
好酸球性副鼻腔炎には効果が小さい。


×b 

好酸球性副鼻腔炎の原因が真菌に対する免疫異常であるという仮説があるが、
抗真菌薬は臨床研究で効果がないことが示されている。


×c 拡大上顎全摘出術は、上顎癌に対する治療法である。


×d 鼻内レーザー手術は、アレルギー性鼻炎に対する治療法である。


○e 鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎では内視鏡下手術が行われる。


関連記事
2019/04/26 17:31 耳鼻咽喉科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: